中国監視船新たに4隻 領海侵入の動き見せず

 【共同】沖縄県・尖閣諸島周辺で19日、新たな中国の漁業監視船4隻が領海の外側にある接続水域に入ったのを海上保安庁が確認した。18日以降、領海や接続水域に入った中国の監視船は16隻となった。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、19日午後8時現在、接続水域内を航行している監視船は4隻。領海に入ろうとする動きは見せていないという。接続水域に入った中国船のうち、海洋監視船6隻は現場海域を… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る