ガス施設爆発、26人死亡 メキシコ北部

 【共同】メキシコからの報道によると、同国北部の米国との国境に面したレイノサ郊外にあるメキシコ石油公社(ペメックス)のガスパイプラインで18日、大きな爆発があり、26人が死亡、27人が負傷した。

 現場にはパイプラインで送るガスを圧縮する設備があった。ペメックスと消防当局が原因を調べている。

 メキシコでは、油送管が破壊されて… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る