「世界青年の船」復活へ グローバル人材育成で

 【共同】政府は、民主党政権下で廃止が決まった、世界各国の大学生らが船旅を通じて交流する「世界青年の船」事業を復活させる方針を固めた。2014年度予算の概算要求に、運航費を含む事業費を計上する。安倍晋三首相が成長戦略に掲げるグローバル人材の育成につなげる考えだ。政府関係者が2日、明らかにした。

 青年の船事業は昨年6月、行政の無駄を洗い出す事業仕分けで、有識者から「国費で負担するほどの効果があるか不明確」との意見が相次ぎ、廃止と判定。当時の野田政権が事業費の予算計上を見送ったため、13年度は実施されていない。

 昨年末の政権交代を受け、安倍政権は国際社会で活躍できる人材育成に着手。青年の船事業を、国際的な視野とリーダーシップを兼ね備えた人材育成の場として見直すことを決めた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2023年10月8日

    若者の自殺
    かなり重いテーマになってしまうのだけれど、最近、若い世代の自殺について考えさせられることが...
  2. 2023年10月6日

    フィレンツェの日々
    フィレンツェの遠景 誰にでもささやかな夢がある。イタリアで長い休暇を取ってみたかった娘家族は...
  3. 縦横無尽に川が流れ、湖や湿地帯、針葉樹林などの美しい自然が広がるピマチオウィン・アキ。世界複合遺産...
  4. こどもの進学の資金集め、老後の生活など、さまざまな理由で資産運用を始めたい人のために、アメ...
  5. パンデミックの終焉とともに、今年の春以降、各国間の交流が再開した。そして私は5月、日本の某学校法人...
  6. フロリダ、パームビーチで 石川啄木の短歌は胸に沁みる。「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの...
  7. イヌワシやハヤブサなど、絶滅の危機に瀕している生物も多数生息するダイナソール州立公園 アルバ...
  8. プロベート(検認手続き)とは 長くアメリカに住んでいる方にもあまりよく知られていませ...
ページ上部へ戻る