GE、ブラジルの送電網近代化事業に積極投資 〜 地元の大手公益2社と提携

 ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ブラジルのスマート・グリッド市場に積極的に進出している。

 グリーン・テクノロジー・ワールド誌によると、GEはブラジルの大手公益会社2社であるフルナス(Furnas)およびトリアンギュロ・ミネイロ・トランスミッソーラ・ゲオエネルジア(TMT=Triangulo Mineiro Transmissora/Geoenergia)と提携した。

 GEは、2社が送電網を近代化するにあたって、高度な保護および制御機器を提供し、多発する送電網の問題削減に貢献する計画だ。

 ブラジルは、2014年6月のワールド・カップ・サッカーや、2016年の夏季五輪大会の開催国で、世界経済での地位を急速に高めている。電力需要も大幅に伸びることが予想されるため、公益会社は送電網の近代化に迫られている。

 フルナスは南米最大級の公益会社で、ブラジル南部と東南部、中西部に電力を供給している。一方のTMTは、フルナスとFIPミラオ(FIP Milao)が提携した公益会社。送電網近代化のプロジェクトは、4ヵ月前にTMTがブラジル連邦政府のエネルギー・電力省による送電網の競売を競り落としたことで開始された。

 この送電網の競売は、多数の公益会社に送電網近代化の機会をもたらすという点で、ブラジルの公益業界にとって重要な意味を持つものだった。GEにとっても、そのプロジェクトにかかわることの意義は大きい。

 GEのデジタル・エネルギー事業部門は、保護と制御、そして通信関連のシステムを供給し、またエンジニアリングや設定についてのコンサルティング・サービスや、パネル、工場、現場試験、変電所の技師を対象とした技術研修も提供する計画だ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る