プラスチックを15%削減へ〜ユニリーバ、製品容器への使用量

 欧州の消費者用品大手ユニリーバは22日、製品の容器に使うプラスチックの量を15%減らす計画を発表した。

 AP通信によると、英企業のゾーテフォームズ(Zotefoams)が開発した技術を導入し、各種製品の容器に気泡を含んだプラスチックを使うことで強度を落とさずにプラスチックの全体量を減らす。

 ユニリーバはまず、全身用液体洗剤ダヴ(Dove)の容器に新技術を使う。同製品は2013年の欧州売り上げが3300万本で、同社は新容器を使うことで節約できるプラスチックの量を275トンと推定している。

 ユニリーバ広報のマーク・ポトマ氏によると、同社はプラスチック減量技術を他の製品にも広げる予定で、15年に特許期間が終了すれば他社も導入が可能になる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る