楽天、ニューヨークで需要反応サービスに進出 〜 オンライン販売と連動

 楽天は、ニューヨーク市の電力需要反応(DR=Demand Response)サービス市場に進出する。

 同社発表によると、楽天は、日本人がニューヨークで立ち上げた省電力ソリューション企業シンクエコ(ThinkEco)と協業し、クールNYC(CoolNYC)という節電プログラムに参加する。

 クールNYCは、ニューヨークの電力会社コンエド(ConEd)やニューヨーク市、シンクエコが2011年から取り組んでいる節電プログラム。今回は、米国内企業と国外企業が協業することで、家庭向けの需要反応サービスを提供し、電力需要が強まる夏場の冷房需要抑制を図る。

 楽天傘下の楽天エナジーは、スマートフォンを使った需要反応アプリケーションを今春に開発しており、クールNYCはその機能性を評価し、今回の合意にいたった。

 クールNYCでは、冷房機の設定温度をスマートフォンでの遠隔操作によって下げることで、需要ひっ迫時の電力消費量を減らそうと狙う。スマート・メーターを頼らない点で実効性があると期待される。

 かたや楽天エナジーは、家庭向け節電用のモバイル・アプリケーションを日本ですでに開発しており、電力会社や集合住宅一括受電会社との協業を強化している。楽天エナジーの需要反応サービスが他社と決定的に異なる点は、末端利用者(消費者)の関心を引きつける奨励策にある。

 楽天では、オンライン小売事業で消費者向けにポイント制度を実施しており、そのポイントを需要反応サービス参加者(利用者、消費者)に与えることで、需要反応参加者を増やして冷房需要の抑制を図る。

 たとえば、外出したあとに冷房の消し忘れに気づいた場合、スマートフォンを使った遠隔操作によって冷房を止めたり、設定温度を出先から下げたりすることで節電できる。

 今年のクールNYC参加申し込みの受け付けは5月22日から6月5日まで。消費者は楽天エナジーのウェブサイトから申し込むと、楽天の小売サイトで利用できるポイントを受け取れる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る