ソレクセル、薄膜シリコン太陽電池を商用化へ 〜 3100万ドルのVCを調達

 薄膜シリコン太陽電池を開発するソレクセル(Solexel)は、3100万ドルのベンチャー・キャピタル(VC)投資を調達した。同社はその資金を投じて、製品商用化に向けた戦略を積極化する。

 同社の累積資金調達額はこれで2億ドル以上に達した。同社はまた、米エネルギー省および国立科学財団から1700万ドルの補助金も受けており、エネルギー省の「サンショット」プログラムにも参加している。

 同社は従業員55人の新興企業。国立再生可能エネルギー研究所の認証済み変換効率で2014年に21.2%を達成した。2015年中に変換効率20%台のモジュールを販売する計画だ。

 ソレクセルは現在、マレーシアで製造業務の提携を結ぼうとしている。

 グリーンテック・メディアによると、同社はカリフォルニア州に1メガワット規模の試験的工場を持っており、それを「そのままマレーシアに持っていく」と、同社の販促責任者兼最高財務責任者マーク・カーステンズ氏は説明している。

 同社が目指しているのは、35ミクロン厚の低コスト単結晶太陽電池だ。多孔質シリコン基板と再使用型テンプレートを用いたリフトオフ法を使用している。

 その加工過程によって処理加工中にシリコンがサポートされ、また背面接触のNタイプ電池によってアルミニウムを使えるようになるため、高価な銀を使う必要がなくなる、と同社は説明している。

 製造工程ではウェット・エッチングを用いず、トリクロロシランの気体を大気圧レベルで使用して、シリコンを毎分2.5ミクロンで乗せていく。その結果、1ワットあたりのシリコン使用量は約0.5グラムと、従来のシリコン太陽電池に比べて10分の1近い量に抑えられている。

 同社が製造しているのは156x156ミリの太陽電池で、背面接触型としては業界最大だ。このモジュールを製造委託して、フレームありおよびなしの両版で製造することを検討している。

 ソレクセルによると、同太陽電池はガラスの筐体を必要とせず、回路板の素材に似た樹脂および繊維の導体でサポートできる。

 薄膜太陽電池で業界を率いるファースト・ソーラーは、2017年までに製造コストを1ワットあたり40セントに低下させると発表したばかり。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る