米国シャープ、新型の蓄電装置を発表 〜 3年以内に50MW規模での設置へ

 シャープの米国子会社シャープ・エレクトロニクス(Sharp Electronics)は、スマートストレージ(SmartStorage)と呼ばれる新たな蓄電ソリューションを発表した。

 グリーンテック・メディア誌によると、リチウムイオン電池とパワー・エレクトロニクスを使用したスマートストレージは、商業および産業顧客を対象とした蓄電装置で、カリフォルニア州ですでに販売されており、米国内のほかの市場に向けて2014年末までに順次出荷される見通し。

 シャープはパワー・エレクトロニクスをテキサス州のアイディアル・パワー(Ideal Power)から調達している。リチウムイオン電池の供給元は明らかにされていない。

 シャープでは、向こう3年以内に50メガワット以上の設置を目指している。同計画には、太陽光発電システムと連動しない設置例も含まれるが、シャープは2013年に、1.6ギガワット相当の太陽電池モジュールを販売した世界市場占有率6位の大手でもあることから、太陽光発電と蓄電の併用に注力する方針だとみられる。

 サンディエゴで進行中の試験運用では、シャープは、30キロワットと40キロワット時のスマートストレージを使って、60キロワットの屋根上ソーラー・アレイを補完している。

 シャープは、現場サーバーとクラウド・サーバーをソフトウェアで更新して太陽光発電管理に対応することを、10年間のサービス契約に盛り込んでいる。

 カリフォルニア州は、セルフ・ジェネレーション・インセンティブ・プログラム(自家発電奨励策)という制度を通じて、現場蓄電設備を促進する魅力的な奨励策を提供している。

 カリフォルニア州議会では、2019年までに総額4億1500万ドルをそれに投じる予算も承認したばかり。同制度の応募事例の過半数は現在、太陽光発電と連動する蓄電設備で占められる。

 シャープでは、スマートストレージの価格および融資方法の詳細を明らかにしていない。シャープの幹部は、「顧客が必要とする場合」に融資を提供すると説明。

 先行投資の必要ないリース方式を提供するステム(Stem)やグリーン・チャージ・ネットワークス(Green Charge Networks)といった新興企業と競合するかどうかも現時点では不明だ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る