オンタリオ、蓄電技術の実験室に 〜 多種多様のストレージ採用に大型投資

 カナダのオンタリオ州拠点のインディペンデント・エレクトリシティー・システム・オペレーター(IESO)は、合計34メガワットに上る蓄電プロジェクトを発注した。

 グリーンテック・メディアによると、同プロジェクトのコストは年間約1400万ドル、3年で約4200万ドルになる見込みで、IESOは「同様の蓄電プロジェクトと比べて非常に競争力がある」コストだと説明している。

 オンタリオ州では、2014年末までに合計50メガワットの蓄電設備の導入を義務付けている。同様の蓄電設備の導入計画は、カリフォルニア州やニューヨーク州、ハワイ州でも進行中だ。

 しかし、オンタリオ州のプロジェクトでは、フライホイールや熱エネルギー貯蔵、さらに北米初の大規模の水素システムも含まれている。

 プロジェクトを受注した企業は、カナディアン・ソーラー・ソリューションズ(電池、4メガワット)、コンヴァージェント・エネルギー&パワー(Convergent Energy and Power、電池およびフライホイール、12メガワット)、ディンプレックス・ノース・アメリカ(Dimplex North America、熱、0.74メガワット)、ヘケート・エネルギー(Hecate Energy、電池、14.8メガワット)、ハイドロジーニクス(Hydrogenics、水素、2メガワット)。

 それらの企業は、電池や予備発電機を使用した反応時間の速い補助的電力サービスと、電圧制御サポート・サービスをIESOに提供することが義務付けられている。

 オンタリオ州では、ナイアガラの滝を利用した170メガワットの水素蓄電システムがすでに稼動している。IESOは、反応時間の速い蓄電システムを小規模ながらすでに調達しており、送電網に接続された設備もある。

 今回の新しいプロジェクトは、より幅広い利用を目指したもので、多様の蓄電技術を試験することが目的だ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る