ABB、送電量2倍以上のケーブルに期待 〜 洋上風力施設の規模拡大に寄与

 ABBは、洋上風力発電施設からの送電容量を現行の2倍以上に拡大する新しい配線技術に期待を寄せている。

 リニューワブル・エネルギー・ワールド誌によると、同社はその技術によって、今後数年間にわたって電力システム事業部門の受注が増加するという見方を示した。

 「当社にとって過去5年でもっとも重要な技術革新の一つだ」「それがなかったために実現できないプロジェクトがあることも分かっている」と、ABBのクラエス・ライトフト最高技術責任者は語った。

 同技術には、高圧ケーブルと接続部品や終端部品が含まれている。それによって、配線接続の送電容量は現在の1000メガワットから約2600メガワットに拡大する。その結果、これまで以上に大規模の洋上風力発電施設の開発が可能になる。

 ABBの電力システム事業部門は、複雑な再生可能エネルギー開発プロジェクトの遅れを受けて、ここしばらく低迷してきた。

 欧州市場では、ミラノを本拠とするプリズミアン(Prysmian)とパリを本拠とするネクサンス(Nexans)が、高圧ケーブル市場でABBと競合している。

 ABBは、需要増大に対応するために高圧ケーブルの生産容量を拡大しており、スウェーデンのカールスクルーナにある生産施設の拡張に2015年までの4年間で4億ドルを費やす。

 ABBにとって同技術の受注第1号は、ドイツとイギリスの送電網システム会社から入る可能性が高い。ライトフト氏は、すぐにも受注というわけにはいかないものの、開発プロジェクトの入札に際してABBの地位を強化し、数年かけて受注が伸びていくと説明している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る