新興企業、亜鉛鉄フロー電池を商業導入 〜 アルカリ電解質の特許技術を利用

 モンタナ州の新興企業ビジョン・エネルギー・システムズ(ViZn Energy Systems)は、亜鉛鉄を使ったフロー電池の商業導入を開始した。

 同社は、ジンク・エアー(Zinc Air)の社名で2009年に設立され、9月に入ってから、商業規模製品の初の投入と同時に社名変更した。

 グリーンテック・メディアによると、同社が発表した初の商業製品は、80キロワットおよび160キロワット時の亜鉛レドックス・フロー電池だ。20フィートの貨物コンテナに収められている。

 同社はまた、ブルースカイ・エネルギー(BlueSky Energy)が手がけるオーストリアのマイクログリッド開発計画に同製品を導入する。

 ビジョン・エネルギーは2014年3月に、モンタナ州のフラットヘッド・エレクトリック協同組合(Flathead Electric Cooperative)が2基目となるシステムを導入したことを発表。さらに今月、蓄電ソフトウェアとシステムを開発する新興企業のグリーンスミス(Greensmith )が、ビジョン・エネルギーから商業規模の蓄電池を調達することも決まった。

 ビジョン・エネルギーの「Z20」システムは、1キロワット時あたり800ドルの価格帯を目指している。同社が最終的に目指しているのは、そのコンテナを5基まとめて、1メガワットおよび3メガワット時のシステム「GS200」を構築することだ。同社の営業担当副社長カーク・プローツ氏は、コストを1キロワット時あたり450ドル前後まで下げられると説明している。

 その価格帯は、バナジウムや鉄クロム、臭化亜鉛を用いたほかのフロー電池とほぼ同じだ。フロー電池は、電解液をセル内にポンプ循環させて充電と放電を行うため、密閉された電池と異なり電解液のタンクを追加することで容量を拡大できる。ただ、最新のリチウムイオン電池ほどの効率はなく、最大出力も劣る。

 ビジョン・エネルギーのシステムは、酸性ではなくアルカリ性の電解質を使っている点に特徴がある。ロッキード・マーチンが過去10年近くかけて開発したアルカリ電解質の取り組み方は、酸性電解質を使用した亜鉛電池で生じる結晶の形成を防ぐことができる。

 しかし、アルカリ電解質は別の物質の塊を電極に形成し、別の問題を引き起こしたため、ロッキードは研究開発を中止した。ところが、その塊は、フロー電池においては反応表面積を拡大し、出力密度を高める効果があった。

 そこで同社は、ロッキードの特許技術を使用して「化学の弱点を利点に変えた」と、ビジョン・エネルギー上級副社長のクレイグ・ウィルキンス氏は話す。「ロッキードはその化学研究に8年の歳月と1000万ドルを投資した。当社はそれを商業化するだけで済んだ」と同氏は語っている。

 ビジョン・エネルギーは、これまでに投資家から2000万ドルの投資を受けた。今年後半から来年前半にかけて生産力を拡大するために、最大2500万ドルの追加資金調達を模索している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る