シャープ、リカレント売却を検討 〜 外国での太陽光発電事業の縮小路線

 シャープは、太陽光発電所の開発を手がけるリカレント・エネルギー(Recurrent Energy)の売却を検討している可能性がある。

 シャープがリカレント売却のための手続き業務をバンク・オブ・ノバスコシアに委託したことを示す書類を入手した、とブルームバーグが8日に報じた。

 PVテック誌によると、日本のシャープ広報は同日中に、リカレントの事業については売却も含めたあらゆる選択肢を検討しているものの、決定は下されていない、と説明した。

 シャープは、2010年9月にリカレントを3億500万ドルで完全子会社化した。リカレントはその当時、北米と欧州で2ギガワット相当の開発計画を進行中だった。現在では米国だけで3.3GWacまたは4.3GWp(ギガワット・ピーク)を上回っている。

 シャープの太陽光発電事業は2013年度に利益を計上したが、2014年度は太陽電池の売上高と利益が下がるという見通しを同社は発表している。日本国内の住宅市場での新規設置の減少と、国外での開発事業の低迷が要因とみられる。

 シャープはここ数ヵ月にわたって太陽光発電事業を縮小してきた。イギリスのパネル製造工場を閉鎖したほか、7月には、欧州市場でエネルと共同展開していた薄膜シリコンの合弁事業から撤退するために1億4100万ドルを支払う計画だと説明した。

 シャープはその一方で、蓄電製品のスマートストレージをカリフォルニア州で7月に発売している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る