インテル、中国新興企業への投資を強化 〜 身体装着型やIoT市場を標的

 パソコン向けプロセッサー事業で長年にわたって世界市場を牛耳ってきたインテル(Intel)は、成長市場がパソコン向けからモバイル端末向けに移行している近年の動向を受けて、スマートフォンや身体装着型端末、そしてモノのインターネット(IoT=Internet of Things)における存在感を強める助けとなる台頭中の中国企業群に投資する戦略を進めている。

 コンピュータワールドによると、インテルは潤沢資金を背景に、総額2800万ドルを中小規模の中国企業に注入することで、インテル製の非パソコン向け半導体を広めようと狙っている。

 そのなかのおもな企業には、身体装着型端末向けの虹彩(眼球の一部)認識機器を開発するアイスマート(EyeSmart)や、身体装着型端末製造業者の広東アップスコム(Guangdong Appscom)、中国市場向けアンドロイド・スマートフォン・メーカーの上海日機装科技(LeWa Technology Shanghai)がある。

 インテルでは、中国企業の俊敏開発力と低コストを活用するために、ベンチャー・キャピタル部門のインテル・キャピタルが1億ドルの中国スマート機器革新基金(Intel Capital China Smart Device Innovation Fund)を立ち上げ、身体装着型端末メーカーとIoT関連企業を支援することで、インテル製の省電力かつ小型のプロセッサーを中国企業の製品に採用を促す。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る