IBMとマイクロソフト、クラウドで提携 〜 互いの顧客企業にサービス提供

 IBMとマイクロソフト(Microsoft)は22日、それぞれのクラウド電算の顧客企業が互いのクラウド・ソフトウェアに簡単にアクセスできるようにすることで合意した。

 両社の合意は、法人向けクラウド・サービス市場で価格競争を強化している最大手のアマゾン(Amazon)やグーグル(Google)への対抗力を強めると同時に、台頭している新興企業との競争に対応するもの。

 ブルームバーグによると、マイクロソフトのアジュール(Azure)を使っている企業は、IBMのウェブスフィア・リバティー(WebSphere Liberty)やDB2にアクセスでき、IBMのクラウド利用企業は、マイクロソフトのウィンドウズ・サーバーやSQLサーバーを使えるようになる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る