IBMとマイクロソフト、クラウドで提携 〜 互いの顧客企業にサービス提供

 IBMとマイクロソフト(Microsoft)は22日、それぞれのクラウド電算の顧客企業が互いのクラウド・ソフトウェアに簡単にアクセスできるようにすることで合意した。

 両社の合意は、法人向けクラウド・サービス市場で価格競争を強化している最大手のアマゾン(Amazon)やグーグル(Google)への対抗力を強めると同時に、台頭している新興企業との競争に対応するもの。

 ブルームバーグによると、マイクロソフトのアジュール(Azure)を使っている企業は、IBMのウェブスフィア・リバティー(WebSphere Liberty)やDB2にアクセスでき、IBMのクラウド利用企業は、マイクロソフトのウィンドウズ・サーバーやSQLサーバーを使えるようになる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る