京セラ・ソーラーとステムが提携 〜 太陽光発電と蓄電システムを共同販売

 ステム(Stem)と京セラ・ソーラーは、ソーラー・パネルと蓄電システムの共同販売で提携した。

 カリフォルニア州ミルブレイ(サンフランシスコの南部近郊)拠点のステムは、電池の蓄電システムと予測分析技術を開発する新興企業。

 ステムの技術は、電力利用者の電気メーターに加えて、いわゆる「ビハインド・ザ・メーター」としての末端を設置することで、電力使用状況の予測や電気代の上下変動にもとづいて充電と放電を調整する。ピーク時には電気代を最大50%、全体としては20%の節約を達成できる、と同社は説明している。

 クリーンテクニカ誌によると、「インテリジェントな蓄電はソーラー・パネルと愛称が良い」「当社のソリューションは、京セラ・ソーラーの技術とシームレスに統合され、商業市場に新しい価値をもたらすことができる」とステムのジョン・ケリントン最高経営責任者(CEO)は述べた。

 京セラは、ステムのシステムを販売する初のソーラー・パネル会社だ。同製品は、カリフォルニアやハワイ、ニューヨーク州ですでに販売されている。

 テキサス州にある繊維メーカーのアルスコ(Alsco)は、ステムの蓄電システムを導入したのち、需要反応時の課金を月あたり8〜10%削減できるようになった。また、ホテル大手のインターコンチネンタル・ホテルもステムのシステムを導入して、ピーク需要時のエレベーター稼動に活かしている。

 太陽エネルギー産業協会(SEIA)では、2013年中盤時点で商業市場の太陽光発電が3380メガワットに達したと報告。SEIAによると、米国内の3万2800ヵ所の商業施設で蓄電設備が導入されており、前年比40%以上の成長を遂げた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る