パナソニック、EV充電設備を設置 〜 パワーツリーと協力、SF市に68ヵ所

 パナソニック・エンタープライズ・ソリューションズ(Panasonic Enterprise Solutions)は、パワーツリー・サービシズ(Powertree Services)と協力して、太陽光発電と蓄電システムを併用する電気自動車(EV)向け充電所(設備)をサンフランシスコ市内に68基設置する。

 家電事業からエネルギー関連技術事業に重点を移行させる同社の方針を反映した動きだ。

 設置場所は市内の高層集合住宅建物で、住民が利用できる。太陽光発電と蓄電設備は、停電時の予備(補助)電源としても機能する。

 グリーンテック・メディアによると、「集合住宅や複合施設の所有者(運営側)は、入居者からの要望に応える必要性に迫られている」「電気自動車向けの充電所設置を義務付ける新しい規制もある」と、パワーツリーのステイシー・ラインシウス設立者兼最高経営責任者(CEO)は話す。

 それらの充電所は、送電網への補助電源として機能して電力需要を均整化するため、地域の公益会社パシフィック・ガス&エレクトリックにも利点をもたらす可能性がある。

 「当社のソリューションの特色はそこにある。電気自動車の充電所に関する要件を満たすだけでなく、送電網へのサービスも提供できる」と、パナソニックのプロジェクト管理者ジョン・エシントン氏は説明する。

 68基の充電所の設置作業はすでに始まっており、2015年4月までに完成する見通しだ。

 パナソニックのエシントン氏は、パワーツリーのラインシウス氏のような起業家と手を組むことが、自社のクリーン・エネルギー製品の市場を拡大するうえで「非常に効果的」だと語っている。

 パナソニックは、電子技術業界における環境技術の担い手として2018年までにトップ企業になるという目標を掲げている。テスラ・モーターズと協力してネバダ州で50億ドルを投じる電池製造工場の建設を進めているのも、その戦略の一環だ。

 また、パナソニックは、スマート・グリッド関連の特許保有件数で首位に立っている。さらに、コロナル・グループ(Coronal Group)からの資金援助を受けた共同開発プロジェクトとして、太陽光発電容量をわずか2年前の2メガワットから100メガワットに拡大した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る