GE、資源使用効率化の戦略に注力 〜 産業インターネットで最適化を実証

 ゼネラル・エレクトリック(GE)は、資源の生産性向上と有効活用を達成する手段として、インターネット・ソフトウェアとハードウェアを統合するデジタル・リソース・プロダクティビティー(digital resource productivity)戦略を打ち出している。

 GEは2012年以来、産業インターネット(industrial internet)のソリューションを40製品以上投入してきた。たとえば、航空便効率化サービス(Flight Efficiency Services)と呼ばれる航空ナビゲーション・サービスでは、運航データを分析して燃料効率の良い航路を選ぶ支援をしている。ブラジルのゴル航空では、同サービスを利用して5年間で1億ドルの経費節減を実現した。

 また、パワーアップ(PowerUp)製品では、風力発電所に数万というデータ・ポイントを作り、毎秒のデータを分析して出力最適化に役立てている。ドイツの電力会社エーオンは、同ソリューションを469基の風力タービンに導入したことで発電量を4.1%高めた。その増加分は、19基のタービンを追加した場合の発電量に相当する。

 さらに、GEの鉄道制御システム「ムーブメント・プランナー(Movement Planner)」を導入したノーフォーク・サザン鉄道は、燃料使用量を6.3%削減し、速度を10〜20%高めた。その高速化によって運航数も減らすことができた。

 GEは最近、産業インターネット向けのソフトウェア・プラットフォーム「プリディックス(Predix)」を2015年中に発売する計画を発表した。同プラットフォームをオープン化し、利用企業が独自のアプリケーションを動作させて資産管理に役立てられるようにする。

 そういった一連の戦略は、GEが2005年に始めた「エコマジネーションン」構想の一環と位置付けられる。同分野の製品はこれまでに1800億ドルの売上高を計上した。それに関する研究開発投資は150億ドルに上る。

 GEがこのほど発表した報告書によると、ハードウェア効率とエネルギー生産性は過去10年にわたって年間1%の割合で向上してきた。その率でいくと、世界の産業エネルギー消費量は、2013年の270クァドリリオン(1000兆)BTUから2030年には416クァドリリオンBTUに達する可能性がある。

 しかし、エネルギー生産性が年間2%向上すれば、2030年までの産業エネルギー消費量は346クァドリリオンBTUに抑えられる、とGEは見積もっている。70クァドリリオンBTUの削減は、世界の年間石油消費の3分の1以上に相当する。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る