車両リコールの遅れ許さず〜NHTSA局長、対応強化を明言

 運輸省道路交通安全局(NHTSA)のマーク・ローズカインド局長は、ワシントンで同局が主催した官民会合「Retooling Recalls(リコール改革)」で、自動車メーカーによるリコールの遅れを問題視し、対策を強化する考えを表明した。

 ニューヨーク・タイムズによると、昨年12月に局長に就任したローズカインド氏は、フィアット・クライスラー(FCA)がジープのスポーツ多目的車(SUV)156万台を対象とする燃料タンクのリコールで、修理が大幅に遅れていることについて「現状に落胆している。数が恐ろしいほど少なく、命の危険につながる」と語った。

 局長は同時に、搭載車が数百万台に上るタカタ製エアバッグの欠陥問題にも触れ、タカタの協力が十分ではないと批判した。

 FCAは2年前、追突時に車の後部にある燃料タンクから出火する死亡事故が続出したのを受け、車両を保護するトレーラー・ヒッチを後部バンパー下に装着するリコールを開始した。ところがその後も衝突に伴う火災が相次いでいる上、リコール対象の2002〜07年型「リバティ」ではこれまでにわずか4%、1993〜98年型「グランド・チェロキー」は27%しか修理が終わっていない。

 ローズカインド氏は、対象車数の拡大や修理内容の強化など「あらゆる」選択肢を検討する意向を示した。一方でエアバッグのリコールを迅速化する具体策には言及しなかった。

 自動車メーカーは14年、過去最高となる約6400万台のリコールを実施した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る