アドヴィックス〜トヨタの自動運転車戦略を支援

 ブレーキシステム部品を製造するアドヴィックス(Advics)は、トヨタの自動運転車戦略の中核を担う形で再出発した。

 トヨタは6月、創業わずか15年のアドヴィックスに小木曽聡常務を社長として送り込んだ。小木曽氏は初代「プリウス」をデビューさせ、以後もチーフエンジニアとしてハイブリッド車の企画・開発を指揮してきた。

オートモーティブ・ニュースによると、ブレーキ系サプライヤーのトップに初めてトヨタの幹部が就任するのは、トヨタにとってブレーキシステムが次世代車開発に死活的であることを示している。アドヴィックスはアイシン精機の子会社だが、トヨタはグループ内の部品再編でトヨタ、デンソー、アイシンのブレーキ事業をアドヴィックスに集約した。

 アドヴィックスは8月に研究開発(R&D)拠点を本社がある愛知県刈谷市で開設したほか、2016年3月にはメキシコ工場の操業を開始する。

 小木曽氏の使命は、旧来のブレーキ技術をエネルギー回生、衝突回避、適応走行制御など各システムを管理するデジタル技術と融合させることにある。

 アドヴィックスには旧来のブレーキ技術において、騒音の削減や制動距離の短縮、摩擦の最小化、重量の削減といった複数の開発に取り組んでいる。しかし、トヨタに求められている安全技術は新しい分野だ。アドヴィックスはこのため、エンジニア1200人のうち、約200人をソフトウェアの専門家で構成した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る