LGケム、パナソニックから王座奪取も 〜 電気自動車向け電池市場で競争激化

 電気自動車(EV)向けの電池市場は現在、パナソニックの独壇場となっているが、今後はLGケム(LG Chem)が急追し、2020年までにパナソニックを追い越す可能性が高まってきた。

 調査会社ラックス・リサーチ(Lux Research)によると、EV向け電池市場は2020年までに300億ドル規模に拡大すると予想される。

 エンバイロメンタル・リーダー誌によると、パナソニックの市場占有率は現在39%と圧倒的だが、同社はテスラとの提携関係に依存しており、それがパナソニックの立場に脆弱性をもたらしている。

 パナソニックにとって最大の競合社であるLGケムは、ゼネラル・モーターズ(GM)やフォルクスワーゲン、ダイムラー、フォードと契約をすでに結んでいる。ドイツ自動車メーカーのEV販売が拡大するのであれば、LGケムは、日産自動車を獲得するだけでパナソニックを上回ることができる。

 「電池市場のビッグ・スリーであるパナソニック、LGケム、サムスンSDIは、市場占有率をかけて全面戦争を繰り広げている」「また、各社の戦略は大きく異なる」と、ラックス・リサーチのコスミン・ラスラウ氏は指摘する。上席分析家の同氏は、今回の報告書「Watch the Throne: How LG Chem and Others Can Take Panasonic’s EV Battery Crown by 2020」の主任執筆者だ。

 同報告書には、特筆すべき市場動向として次の三つを挙げている。

1)EV市場はなおも黎明期にあり、テスラですら世界自動車販売市場の0.1%しか握っていない。ほかの自動車メーカーはEVの車種を急拡大しており、2014年に960万台を販売したフォルクスワーゲンは、2020年までに20車種でEVのオプションを投入する計画だ。

2)ルノーと日産の連合は、2020年に市場占有率が9%になると予想されるが、不確定要因の大きさのため、その予想はあてにならない。日産は、日本電気との合弁会社オートモーティブエナジーサプライから電池を調達しているが、コストと技術で課題を抱えている。ルノーに電池をすでに供給しているLGケムは、日産への電池供給という大きな契約を獲得できるかもしれない。

3)競争を優位に進めるうえで、次世代の技術がカギを握る。現行のリチウムイオン電池に次ぐ技術は、コストを下げ性能を高めるうえで重要だ。サムスン・ベンチャーズは、ソリッド・ステート電池を開発する新興のシーオ(Seeo)と、グラフェン・シリコン電極のメーカーのXGサイエンスに出資している。同様に、フォルクスワーゲンはクアンタムスケープ(Quantumscape)に、GMベンチャーズはサクティ3(Sakti3)、エンヴィア・システムズ(Envia Systems)、ソリッドエネルギー・システムズ(SolidEnergy Systems)に出資している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る