ABB、マイクロソフト・アジュールを導入 〜 EV充電設備の遠隔監視に採用

 スイスの電力技術および自動化技術大手ABBは、電気自動車(EV)充電設備の遠隔監視にパブリック・クラウド・サービスのマイクロソフト・アジュール(Microsoft Azure)を活用する。

 ABBが設置した充電設備は40ヵ国で3000基に上る。マイクロソフト・アジュールはすでに導入されており、11月末までにはABBの充電設備からのデータがアジュールに集まり始まる見通しだ。

 フォーチュン誌によると、ABBでは、EV向け充電設備の増設にともなって、充電設備が生み出すデータも増えることから、需要に合わせて運用しやすいアジュールを採用することで、充電設備群の管理システムを拡充する。

 そういったモノのインターネット(IoT=Internet of Things)技術は、クラウド技術の威力が真に発揮される分野と考えられている。EV向け充電設備には、システム監視用の各種の検知器が搭載されており、IoTの応用例の一つでもある。

 ABBがパブリック・クラウドを選ぶにあたっては、世界規模で提供されセキュリティーと承認の基準をサポートしている、という条件があった。プロバイダーをマイクロソフト1社に絞ったことで、ABBは、各地域ごとに異なる電話サービス会社と取り引きする必要がなくなったという利点もあった。

 クラウドが物理的に比較的近くにあることは、応答時間を短縮するうえで重要だ。「2〜3ヵ月に1回はソフトウェア更新が必要になる。そのたびにカザフスタンまで飛んでいくわけにはいかない」と、ABBのグローバル・コンバージョン事業担当上席副社長オットー・プリース氏は話す。

 クラウドと充電設備のあいだでは情報が双方向に転送される。ソフトウェア更新や修正プログラムが充電設備に送られる一方、充電設備の稼働状況データがクラウドに送られる。

 「充電パフォーマンスの情報をリアルタイムで得られる」(プリース氏)ことから、問題があればすぐに検知して、故障が起きる前に対応できる可能性もある。現場に作業員を送る場合も、どこに問題があるかを事前にある程度知って、必要な部品を用意して出かけることができる。

 充電設備を所有および運営するABBの顧客は、アジュールによって管理される充電実績データを見て、どの設備がどのように使われているかを理解できるようになる。また、需要動向に応じて設備の追加を検討するといったことも可能だ。

 パブリック・クラウド・サービス市場でマイクロソフトと競合するアマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)は最近、IoTの用途を想定した機能を導入しており、IoT対応環境の整備を強化している。

 クラウド技術企業だけでなく、ほぼすべてのIT企業がIoT市場の潜在性に注目していると言っても過言ではない。今後もABBとマイクロソフトのような提携関係の発表は相次ぐと予想される。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る