ABB、マイクロソフト・アジュールを導入 〜 EV充電設備の遠隔監視に採用

 スイスの電力技術および自動化技術大手ABBは、電気自動車(EV)充電設備の遠隔監視にパブリック・クラウド・サービスのマイクロソフト・アジュール(Microsoft Azure)を活用する。

 ABBが設置した充電設備は40ヵ国で3000基に上る。マイクロソフト・アジュールはすでに導入されており、11月末までにはABBの充電設備からのデータがアジュールに集まり始まる見通しだ。

 フォーチュン誌によると、ABBでは、EV向け充電設備の増設にともなって、充電設備が生み出すデータも増えることから、需要に合わせて運用しやすいアジュールを採用することで、充電設備群の管理システムを拡充する。

 そういったモノのインターネット(IoT=Internet of Things)技術は、クラウド技術の威力が真に発揮される分野と考えられている。EV向け充電設備には、システム監視用の各種の検知器が搭載されており、IoTの応用例の一つでもある。

 ABBがパブリック・クラウドを選ぶにあたっては、世界規模で提供されセキュリティーと承認の基準をサポートしている、という条件があった。プロバイダーをマイクロソフト1社に絞ったことで、ABBは、各地域ごとに異なる電話サービス会社と取り引きする必要がなくなったという利点もあった。

 クラウドが物理的に比較的近くにあることは、応答時間を短縮するうえで重要だ。「2〜3ヵ月に1回はソフトウェア更新が必要になる。そのたびにカザフスタンまで飛んでいくわけにはいかない」と、ABBのグローバル・コンバージョン事業担当上席副社長オットー・プリース氏は話す。

 クラウドと充電設備のあいだでは情報が双方向に転送される。ソフトウェア更新や修正プログラムが充電設備に送られる一方、充電設備の稼働状況データがクラウドに送られる。

 「充電パフォーマンスの情報をリアルタイムで得られる」(プリース氏)ことから、問題があればすぐに検知して、故障が起きる前に対応できる可能性もある。現場に作業員を送る場合も、どこに問題があるかを事前にある程度知って、必要な部品を用意して出かけることができる。

 充電設備を所有および運営するABBの顧客は、アジュールによって管理される充電実績データを見て、どの設備がどのように使われているかを理解できるようになる。また、需要動向に応じて設備の追加を検討するといったことも可能だ。

 パブリック・クラウド・サービス市場でマイクロソフトと競合するアマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)は最近、IoTの用途を想定した機能を導入しており、IoT対応環境の整備を強化している。

 クラウド技術企業だけでなく、ほぼすべてのIT企業がIoT市場の潜在性に注目していると言っても過言ではない。今後もABBとマイクロソフトのような提携関係の発表は相次ぐと予想される。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る