グリーン電力調達のオンラインいちばが登場 〜 供給側と消費企業を結びつけ

 ロッキー・マウンテン研究所(Rocky Mountain Institute)は、クリーン・エネルギーの開発業者とクリーン・エネルギーの購入に関心のある企業を結び付けるためのオンライン・プラットフォームを開発した。

 グリーンビズ誌によると、同プラットフォームは、同研究所のビジネス・リニューワブルズ・センター(BRC)が運営するもので、「BRCマーケットプレイス」と呼ばれる。

 同プラットフォームでは、クリーン・エネルギー関連への取り組みを向上させたいと考えている企業の担当者らが、風力や太陽、そのほかの再生可能エネルギー・サービスや供給元を検索し、容量や契約年数、電力か再生可能エネルギー・クレジット(REC)かといった各種の要件によって絞り込むことで、購入できるエネルギーを見つけることができる。

 「たとえば、シカゴの近くで50メガワットの風力電力を購入したいと模索している企業が、求める条件にもとづいて風力発電会社や風力発電小売会社、開発会社を見つけられる」とBRCのハーブ・トウアティ所長は話す。

 持続可能性活動の一環としてクリーン・エネルギーの購入目標を打ち出す企業は増えているが、実際に行動できる企業は懐の深い大手に限られているのが現状だ。

 「企業のエネルギー調達担当者ならば、たいていは週に2〜3件の売り込み電子メールを受け取っている。しかし、グーグルのように大きな専門班のある企業でもないかぎり、大手企業ですら担当者は一人ということもある。したがって電子メールに対処することはできない」とトウアティ氏は話す。

 再生可能エネルギーを調達するにあたっては、複雑な契約の構造を理解し、州や自治体の入り組んだ政策に対応する必要があり、多数の難関を乗り越えなければならない。その障壁を低くするのが、同プラットフォームの狙いだ。

 BRCは2015年2月に立ち上げられた団体で、フェデックスやスプリント、スターウッド・ホテルズを含む60社以上が加盟している。BRCマーケットプレイスは当面、それらの加盟企業のみに提供される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る