コカ・コーラ支援の肥満研究団体が解散

 コカ・コーラとの関係で批判を浴びていた非営利の肥満研究団体グローバル・エナジー・バランス・ネットワーク(GEBN)が、このほど解散した。

 ニューヨーク・タイムズによると、GEBNは著名な肥満研究者でコロラド大学の教授であるジェームス・ヒル氏が代表を務めていたが、今年8月にコカコーラが資金提供しているという事実が報道され「ソフトドリンクと肥満の因果関係は弱いという情報を発信し、肥満の増加に関するコカコーラへの批判をよそにそらそうとしている」との批判が高まっていた。

 11月初めには、GEBNを学内に設置したコロラド大がコカ・コーラからの支援金100万ドルを返納すると発表。同月末までにGEBNウェブサイトからすべてのコンテントが削除され、「資源不足のため活動を停止する」とのお知らせが掲示されている。

 GEBNの資金源に関して最初に疑問を投げかけたカナダ・オタワ大学の肥満研究者ヨニ・フリードホフ氏は、信頼性が失われたための閉鎖と見ており「結局この団体はコカ・コーラのメガフォンだったと思う。メガフォンを維持するための資金がコカコーラから提供されなくなったため閉鎖された。そのこと自体、このグループの設立目的を物語っている」と述べた。

 GEBNは一貫して団体が発するメッセージや科学的報告とコカ・コーラの関係を否定してきたが、学界は厳しい態度で臨み、ハーバード公衆衛生大学院の栄養学部長ら36人の肥満研究者が「コカ・コーラとGEBNは科学的ナンセンスを拡散している」と批判する書簡を発表していた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る