シリーズアメリカ再発見㉟
宇宙に一番近い場所 オーランド

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

テーマパークで遊んでアウトレットで買い物して……。それだけがこの街の魅力だと思っていたら、大間違い。水と緑と青空のオーランドで、「宇宙」に触れた。

観覧車「オーランド・アイ」 Photo © Mirei Sato

観覧車「オーランド・アイ」
Photo © Mirei Sato

 ロサンゼルスを深夜に発った飛行機は、フロリダに近づくにつれて、乱気流のせいか揺れがひどくなった。きっと地上には雨が降っているのだろう、窓からは灰色の厚い雲しか見えない。
 オーランド国際空港へ着陸態勢にはいると、太陽が差し込み、カーテンがひらくように、雲の切れ目から眼下にオーランドが広がった。湖と緑、マッチ箱のように並んだ住宅が連続する。その上に、大きなレインボーがかかっていた。
 平らな土地なんだなあと思う。人工湖が本当に多い。もともと湿地である以外、何もなかった場所に、人間が遊び暮らし、消費するための施設がたんまり開発されたとしか思えないようなランドスケープだ。同時に、そうした人工色を打ち破る、フロリダの自然の強烈な存在感。
 それは、この夏に完成したばかりの大観覧車「オーランド・アイ」に乗っても感じた。
 アメリカ各地を旅していると、雲って土地によってこれだけ違うのか、と驚くことが多い。オーランドの雲も独特だ。ふわふわの綿雲と、毒々しい入道雲とが、一体になって3Dのような生々しさで迫ってくる。

◆  ◆  

 テーマパークが集まるオーランドの中心部から、東へ車で約1時間。「ケネディ宇宙センター」を訪れた。「宇宙に一番近い場所」が、ここにある。
 米航空宇宙局(NASA)の施設で、アメリカが国の威信をかけて有人宇宙飛行を推進した時代に中心的役割を担った。月面着陸に成功したアポロ11号が、そして歴代のスペースシャトルが、この場所から飛び立った。
 ツアーバスに乗って現地に到着するまでの1時間、車窓には興奮するような風景はほとんどない。「ミドル・オブ・ノーウェア」という言葉が、中西部なんかよりもよほどしっくりくる、へんぴな場所だ。
 「なぜわざわざこんな遠いところへ建設しなくてはいけなかったのか…と思っているでしょう?」。ガイドさんが、私たちジャーナリスト一行の心を見透かしたように話し出した。広大な敷地とセキュリティーの必要性に加えて、ロケットが発射するときのパワーと爆音はものすごいので、周りに人家などがないことが条件だったそうだ。
 このあたりは、野生動物の保護区にもなっている。大西洋を飛んでくる渡り鳥や、ウミガメの生息地。湿地も多く、バスの窓からワニの尻尾が見えた。
 バスの運転手さんは、「スペースシャトルの組立施設のロビーにワニが何十匹も侵入していたり、ワニ対策でNASAが金網をつけかえたりしたことさえあった」と話していた。
 しかし、動物たちも大変だっただろう。ロケットが打ち上がるたび、その爆音にフリークアウトしていたのでは?
 バスの車内に流れるビデオでは、冷戦時代の宇宙開発にたずさわったエンジニアたちがインタビューされていた。栄光の物語というよりも、成功に至るまでの失敗談に重きが置かれている。「ロケットが爆発して自分もぶっとんだよ」とか、面白おかしく語る人たちが登場する。私を含め、ヨーロッパや南米などから来たジャーナリストも、つい爆笑。軍事・国策なのにそんなに茶化していいのかとも思ったが、こうした明るさや、自分のことを笑えるポジティブさは、アメリカらしくていい。
 


 
 

1

2 3 4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 流氷の上で、ジャンプ!=4日目
Photo © Mirei Sato
    Day 1 ︱ 6 December 2012 記録時間1930hrs 緯...
  2. ビーチで愛犬ノアと遊ぶ著者
Photo © Maho Teraguchi
     颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  3. Photo © Keiko Fukuda
     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...
  4. 「Quivira Vineyards and Winery」のロゼワイン。セント・へレナ山を遠くに望むPhoto © Mirei Sato
     ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  5. Photo by Izumi Hasegawa / HollywoodNewsWire.co
     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...

デジタル版を読む

610cover フロントライン最新号
ページ上部へ戻る