ウィル・スミス、渾身のドラマ「Concussion」(12月25日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

 2002年、アメリカン・フットボールのピッツバーグ・スティーラーズのスター選手だったマイク・ウェブスターが自家用トラックの中で死んでいるのが見つかる。検死解剖を担当したベネット・オマル医師は、ウェブスターの脳細胞に損傷があったことを発見する。その後、数年に渡り、アメフト選手の自殺が相次ぐ。練習や試合で頻繁に受けた脳への打撃や脳しんとうが、慢性外傷性脳症を発症させ、年月が経ってから錯乱や抑うつ状態などを引き起こし、自殺に結びついたのだった。この因果関係に気づいたオマル医師はアメフトと慢性外傷性脳症についての論文を発表。しかし、それは、巨額の損失と衰退を恐れて、関係を隠蔽してきたNFL(全米フットボールリーグ)という巨人に挑む戦いの幕開けでもあった。

 実話の映画化となる本作は、ベネット・オマル医師の半生を描いたドラマ。ナイジェリアからアメリカに渡り、優秀な法医解剖医となったオマルをウィル・スミスが丁寧に演じているのが印象的だ。共演陣の放つ存在感とキャラクター描写も良かった。特にアルバート・ブルックス扮するオマルの上司の敬意と友情の滲み出る演技には感服した。

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

 オマルの持つこだわりや孤独感、アメリカン・ドリーム、偏見などを細かく描写したのは、元ジャーナリストのピーター・ランデスマン監督。単純で明るいサクセス・ストーリーにせず、さまざまな背景や感情を織り込んでいるのは、製作総指揮としてイギリス人の巨匠監督リドリー・スコットが介入しているからかもしれない。

 また、NFLに反旗を翻した元チーム担当医を登場させ、危険の可能性を当事者に知らせずにいたNFLの倫理観を問いかけるストーリーも絡ませて、社会派ドラマとしての様相も持っているのが興味深い。

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

© 2015 Columbia Pictures Industries, Inc.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  2.  2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2016年9月4日

    第40回 ロールモデル
    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  4. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  5. カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるNRI SecureTechnologies, Lt...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る