自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Bleecker Street

 事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。そんな彼女が、地元の新聞社に自分の死亡記事を依頼する。担当記者アンは、初期取材でハリエットを知る人全員が口を揃えて彼女を嫌悪しているのを知るが、やがてハリエットの本当の姿に気づく。

 ハリエットに扮するのは、82歳ながら口も体も達者なシャーリー・マクレーン。子供の頃、少年野球で活躍した彼女は、思ったことをズバズバ言う性格で、女性の社会進出の先駆者でもあったハリエットに似ている。劇中、ハリエットが少女たちを前に「リスクを負うことで前に進んだが、あなたたちは女性としてリスクを負うか?」と問いかけるが、シャーリー自身はどうなのか聞いてみると、「一番のリスクはライブのステージ。自分をさらけ出すことになるから」と答えた。オスカーの授賞式でちょっと緊張して見えたのも納得だ。

 親の介護をするようになると、老いを身近に感じ始める。自分の死亡記事がどんなものになるのか、本作を観て考えてしまった。(3月3日公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. パンデミックの終焉とともに、今年の春以降、各国間の交流が再開した。そして私は5月、日本の某学校法人...
  2. フロリダ、パームビーチで 石川啄木の短歌は胸に沁みる。「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの...
  3. イヌワシやハヤブサなど、絶滅の危機に瀕している生物も多数生息するダイナソール州立公園 アルバ...
  4. プロベート(検認手続き)とは 長くアメリカに住んでいる方にもあまりよく知られていませ...
  5. 2023年 ヘルスケアのトレンド コロナウイルス感染症による長いパンデミックを経て生...
  6. 突然のパートナーの海外赴任辞令・・・ 日本での職を離れ帯同したものの、アメリカでも働き続け...
  7. 2023年6月9日

    バトンを持って走る
    フラワードレス 昨年から今年初めにかけて、我々世代のオピニオンリーダーや、アイドル的存在だっ...
  8. キノコのような不思議な形に削られた無数の岩の柱が立ち並ぶライティング・オン・ストーン ©︎Jan ...
ページ上部へ戻る