シリーズ世界へ! YOLO⑭
Pura Vida! コスタリカ 前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

スペイン語で「肥沃な海岸」という名のこの国は、カリブ海と太平洋にはさまれた、アメリカ大陸のど真ん中にある。国土面積はウェストバージニア州とほぼ同じだが、そこにある豊かさといったら…。世界のバイオダイバーシティー(生物学的多様性)の約5%が集中する。軍隊を放棄し、環境保護を最優先に掲げ、エコツーリズムの先進国として世界中から人を集めるコスタリカ。その魅力と見どころの一端を紹介する。

  

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Tortuguero トートゥゲロ

 首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小さなボートに乗り換えて、さらに1時間余。カリブ海に面した国立公園トートゥゲロに着いた。
 スピードボートは、泥水のしぶきをあげて、細い川をカーブを切りながら進んでいく。突然、川幅が広がった。左はニカラグアとの国境へ続くサンフアン川、右がカリブ海へ流れ込むトートゥゲロ川だ。トートゥゲロ川を奥へ入っていくほどに、泥の色も緑の色も濃さを増す。
 水の上を、真っ青な蝶モルフォ(morpho azul)がパタパタと飛んでいた。小さな体なのに、その光るような青さは、猛スピードのボートからもよく見えた。人工の蝶園にでも行かなければ見られない珍しい種類だと聞いていたのに、自然の中でこんなに早く出会えるとは…。コスタリカに来た実感が一気に湧いた。

 トートゥゲロがあるリモン郡(Limon)は、パナマとニカラグアの間に、羽を広げた蝶のような形で横たわる熱帯雨林地域だ。このあたりは、鉄道建設やバナナ農園の労働力としてジャマイカから多くの奴隷が連れてこられた歴史がある。そのためコスタリカの中で唯一、黒人が多く、ジャマイカの食や言葉の文化が残っている。
 とはいっても、一般的なカリブ海のイメージ、からっと晴れた青空とは無縁だ。とにかくよく雨が降る。特に夜中から明け方にかけては豪快だ。トートゥゲロ国立公園の中に泊まると、朝4時にはホエザル(howler monkey)の叫び声で目が覚めてしまうと聞いていたが、実際にはその時間帯はいつも豪雨で、サルも静かにしていたか、打ちつける雨の音にかき消されたか、ついに聞こえなかった。

 こんな調子なので湿気も相当だが、太陽が顔を出すや、地元の人たちがすかさず洗濯物を干し始め、次の雨がくるまでにパッパッと乾かしてしまうのは見事だ。
 野生動物たちも、雨が上がるなり活動を始める。木陰から、妖艶なトカゲ、エメラルド・バシリスク(emerald basilisk)がこちらを見ている。すると茂みの中からゴールデン・ヘロン(golden heron)が現れ、トカゲを捕まえようと、すらりと細く長い足をそろーりそろりと滑らせて近づいていく。
 木の幹や葉の上では、ストロベリー・ポイズン・フロッグ(strawberry poison frog=イチゴヤ・ドクガエル)がピョンピョンと飛び跳ねていた。イチゴのように真っ赤な体と、真っ青な足。ガラス細工かと思うほど美しい。
 対照的に、木の枝からは、大蛇のボア・コンストリクター(boa constrictor)が吊り下がっている。緑色のトカゲを抱き込んで絞めつけ、まさに飲み込もうとしていた。コスタリカでは、アメリカ大陸最大のヘビが見つかったこともあるそうだ。小さいながら猛毒をもつ、真っ黄色のヘビもいた。
 地表では、アリの軍隊が列を作り、せっせと葉っぱを持ち上げて巣へ運んでいる。穴までちゃんと運んだか、誰もサボっていないか監視する役、葉っぱがきれいか検査する役など、いろいろいる。アリの世界は厳しい。

 ジャングルをボートで回る。木の葉や根が水面に映し出す奇怪なリフレクションを見つめていると、自分が水上にいるのか水中にいるのか区別がつかなくなって、どこまでも続く迷路に入り込んだような錯覚を起こす。
 上空でガサガサと音がする。ホエザルが木から木へ飛び回っていた。シロガオ・オマキザル(white-faced capuchin monkey)の群れも出てきた。
 木や岩の上では、黒と白の優美なアニンガ(anhinga=アメリカヘビウ)や、くちばしの黄色いモンテズマ(montezuma oropendola=オオツリスドリ)が、悠々と羽を広げて休んでいる。私が乗ったボートには、フロリダから生物学の研修でやってきた大学生のグループがいた。双眼鏡を向けるたびに新しい発見があって、バードウォッチャーにとっては天国だと喜んでいた。
 雨が多いとはいえ、ここは赤道から北へ10度しか離れていないので、数分も太陽の下にいると日焼けしてしまう。行水したら気持ちよさそうだが、トートゥゲロの川や海は遊泳禁止だ。ワニがいっぱいいて、特にカメが増える雨季には、好物を逃すまいとサメも寄ってくるそうだ。
 


 

1

2 3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る