シリーズアメリカ再発見㉜
真昼のラスベガス&ストリップ最新情報

文&写真/佐藤美玲 (Text and photos by Mirei Sato)

ヘリコプター・ツアー

 朝一番の太陽を楽しむため、グランドキャニオンのヘリコプター・ツアーに参加した。
 午前6時、ホテルの外へ出ると、すでにストリップを、犬連れで散歩する人やジョギングに精を出す人が結構いる。ラスベガスも、すっかり「健康志向」だ。
 もちろん、これから寝に帰る人、化粧が落ちて目をしばしばさせている人もいて、すれ違う。
 私はヘリコプターでグランドキャニオンへ飛ぶのは3度目だが、早朝飛行は初めてだ。のぼる朝日を浴びながら、上空へ。解放感は格別で、独特のランドスケープは、何度見ても飽きることがない。
 フーバー・ダムやレイク・ミードを通り過ぎ、コロラド・リバーの川岸に着陸。簡単なピクニックをして朝食をとる。帰りは、ストリップの上空を旋回するようにして戻る。夜景もきれいだろうが、「真っ昼間」も最高だ。
 ただ、晴天を喜んでばかりもいられない。アメリカ西部で続いている干ばつは、かなり深刻だ。フーバー・ダムもレイク・ミードも、明らかに水不足。岩肌にくっきりと白い跡が見えていて、水面がだいぶ下がっているのが上空からよく分かる。
 ネバダの水を大量消費しているのは、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアの住人だ。青空の恩恵を楽しみたければ、もっと真剣に節水に励むべきだ、と実感した。


1 2

3

4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  2. カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるHORIBA Instruments Incorpo...
  3. これまで日本で130冊近くの自己啓発本を出版してきた本田健さんが、「お金と幸せ」をテーマにし...
  4. 東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、各国がそれぞれの文化...
  5. ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る