シリーズアメリカ再発見㊺
秋は砂漠で遊べ! フェニックス

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

朝焼けの中、上昇する熱気球Photo © Mirei Sato

朝焼けの中、上昇する熱気球
Photo © Mirei Sato

 アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関口」だ。空港の中にある便利なレンタカーオフィスから、車を借りて、一直線に目的地へ。フェニックスは素通りしてしまう人が多いのだが…。

 実はいま、フェニックスがおもしろい。食通が注目する「Foodie Town」として急成長している。

 アリゾナは、知る人ぞ知る「農業州」だ。年間を通じて温暖なため、カリフォルニアなどほかの州よりも、農産物を収穫できる期間が長い。エアルーム・トマトやフィンガーリング・ポテトなど、全米各地のレストランやスーパーマーケットで見かけるそれらは、ほとんどアリゾナで収穫されたものだ。

 だからフェニックスのレストランでは、「地産地消」がやりやすい。最近は「White Sonora Wheat」という地場の小麦が見直され、美味しい手づくりのパン屋も増えている。

 全米のほかの都市と同様、ダウンタウンには若者が戻ってきた。ライトレイルが開通し、ロサンゼルスなんかより便利なぐらいだ。

 フェニックスから広がるソノラ砂漠(Sonoran Desert)は、アメリカの砂漠としてはもっとも緑が多く、生態系も多様だ。ハイキングや熱 気球で満喫できる。秋から冬にかけてのホリデーシーズンは、「砂漠のイルミネーション」のイベントも盛り上がる。

 近隣のメサやスコッツデールとあわせて、フェニックスのおすすめスポットを紹介する。

取材協力/Special thanks to Visit Phoenix

1

2 3 4 5
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る