シリーズアメリカ再発見㉜
真昼のラスベガス&ストリップ最新情報

文&写真/佐藤美玲 (Text and photos by Mirei Sato)

DINING


Beijing Noodle No. 9

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

www.caesars.com/caesars-palace/restaurants/beijing-noodle-number-9.html
「シーザーズ・パレス」内。客の目の前で、麺をうつパフォーマンスがある。故郷の味に忠実なレストランで、皿ごとに味つけが変わる、工夫とこだわりのある店。一緒に取材していた中国系のライターたちも、こぞって絶賛していた。


Hakkasan Las Vegas

Courtesy of Hakkasan Group

Courtesy of Hakkasan Group


Courtesy of Hakkasan Group

Courtesy of Hakkasan Group

hakkasanlv.com
「MGMグランド」内。人気DJが出演することで有名な同名のナイトクラブの階下にあるレストラン。シェフはミシュラン星獲得経験者の、Ho Chee Boon。飲茶が特に評判がいい。


Blossom

MGM Resorts International

MGM Resorts International

www.aria.com/dining/restaurants/blossom
「アリア」の中にある広東料理レストラン。客の80~90%は、中国からのVIPゲストだという。北京ダックが人気。


China Poblano

www.cosmopolitanlasvegas.com/taste/restaurant-collection/china-poblano.aspx

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

人気シェフ、Jose Andresの店。特に、ウズラの卵、クリスピーな豚肉、エビなどが入った、クリーミーなシュウマイが美味。


Andrea’s

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Courtesy of Wynn | Encore

Courtesy of Wynn | Encore

www.wynnlasvegas.com/Dining/FineDining/Andreas
「ウィン」の中。ニューヨークの「NOBU」で経験を積んだ、ジョセフ・エレバド・シェフが腕を振るう。


Yardbird

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

www.venetian.com/restaurants/american/yardbird.html
ハイエンドな食事に疲れたら、カジュアルでハーティーな南部料理を。フロリダに本店がある人気レストラン。特に手作りビスケットが美味で、1週間に3000個つくるという。フライドチキン、ベーコン入りのブラディー・メアリーもある。


Giada

Credit Erik Kabik

Credit Erik Kabik


Credit Erik Kabik

Credit Erik Kabik

www.caesars.com/cromwell/giada
フードネットワークなどのTV番組でおなじみのシェフ、Giada De Laurentiisが、初めて出すレストラン。ストリップで最も新しいホテル「The Cromwell」に入っている。イタリア料理にカリフォルニアの影響を加えた料理。店内から「ベラージオ」の噴水も見える。

1 2 3 4

5

6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  2. あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  3. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  4.   Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  5. 前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る