彼の国を憂いて 〜 築地市場

文&写真/水島伸敏(Text and photos by Nobutoshi Mizushima)

 

買われたマグロたちが運ばれていく Photo © Nobutoshi Mizushima

買われたマグロたちが運ばれていく
Photo © Nobutoshi Mizushima

 明け方5時すぎから始まるマグロの競りを観るには、まだ暗い3時ごろから並ばないとならない。120人の定員にもれないように大勢が夜明け前から並んで待つ。しかし、その中には、残念なことに日本人の姿はない。いても私を含め、2、3人といったところだ。ほとんどが外国からの観光客で、アジア系やヨーロッパ系とさまざまだ。

 5時少し前に競り場へと通された。凍ったマグロたちがたくさん地面に並んでいる。買い手はマグロの尾のあたりの肉を手かぎという小さな鎌でえぐり、懐中電灯で照らし、匂いを嗅いだり、舐めたり、その魚の良し悪しを判じている。自分の気に入ったマグロが決まるとその前で競りを待つ。木箱の上に乗った競り師が、鐘をならし競りが始まった。

 私が聞いていてもさっぱりわからない競りの掛け声が場内にリズム良く響き、競り師の体もそれに合わせて揺れるように動いている。彼らだけに通じる暗号が飛び交い、買い手は手を挙げたり降ろしたりしている。興奮気味な外国人の観光客たちの目の前で、大きなマグロが次々と売り買いされていく。彼らは、夜中から待っていたことなどすっかり忘れた様子で楽しんでいるようだ。
 


 

1

2

3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
  2. 2021年2月4日

    バイデン政権とは?
    バイデン大統領は、トランプ大統領とは対照的に、パンデミック、経済的苦境および政治的分断に疲弊...
  3. 冬は温度、湿度ともに低くなるため皮脂や汗の分泌が少なくなり、お肌の潤いを守る皮脂膜が作りにく...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  6. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  7. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  8. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
ページ上部へ戻る