シリーズアメリカ再発見㊹
FIESTA! サンアントニオ

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

サンフェルナンド大聖堂の壁に投影されるビデオアート「San Antonio / The Saga」Photo © Mirei Sato

サンフェルナンド大聖堂の壁に投影されるビデオアート「San Antonio / The Saga」
Photo © Mirei Sato

 サンアントニオ到着は夜になってしまった。南部を襲った嵐の影響で、飛行機がだいぶ遅れたからだ。小雨も降っていた。でも、せっかくの「フィエスタ」の夜。サンアントニオが1年で一番盛り上がるお祭りだから、ホテルで寝るだけではもったいない。荷物を置いて、ダウンタウンのメイン・プラザへ向かった。

 1731年にできたサンフェルナンド大聖堂がここにある。夜になると、この北米最古の大聖堂の壁を使って「San Antonio / The Saga」というビデオアートが上映されるのが話題になっていた。

 音楽とともにカラフルにドラマチックに、テキサスとアメリカの歴史が映し出される。リンカーン大統領やフレデリック・ダグラスの顔が、雨に濡れた石の壁に浮かび上がる。なかなかのものだ。

 繁華街を歩くと、クラクションがうるさい。車から身を乗り出した人たちが奇声をあげて走り去り、バーの入り口から顔をのぞかせて叫び返す人もいる。さすがフィエスタ、騒々しいな、と思ったが、どうも違う。

 そうか、NBAのプレーオフが始まったんだ。「サンアントニオ・スパーズ」は、今夜が初戦だったか。勝ったのだろう、きっと。アラモドームはそんなに遠くなかったはず…。そう考えながら歩いていると、試合帰りの人、スポーツバーで観戦していた人たちが、どんどん街に繰り出してきた。

 それにしても、第1ラウンドの初戦だ。スパーズはシード2位。相手は格下のメンフィス・グリズリーズで、地の利もあるのだから、勝って当然。そこまで喜ぶかなあ…。スポーツ好きな私は、NBAに限らず、ファンが熱狂する現場を何度も目撃しているが、それらと比較してもずいぶんなテンションの上がり具合だった。

 滞在中に何度も実感したことだが、サンアントニオの人たちは、史跡「アラモ砦」よりもフィエスタよりも何よりも、スパーズが大好きなのだ。街で唯一のプロスポーツ。自分の家族のように思っている。

サンアントニオの観光名所「アラモ砦」。フィエスタの期間中、花輪が捧げられていた Photo © Mirei Sato

サンアントニオの観光名所「アラモ砦」。フィエスタの期間中、花輪が捧げられていた
Photo © Mirei Sato

 地味でまじめ、規律に従い、派手な個人プレーを嫌ってチームに徹する選手たち。アメリカのプロスポーツとしては「つまらない」。だが、これが強いのだ。ディシプリンがしっかりしているから、「第4クオーター残り2分」のような最高潮のプレッシャータイムで、崩れない。

 デイビッド・ロビンソンもティム・ダンカンも、入団から引退までスパーズだ。FA宣言するなり高給を求めて移籍するのが当然の時代に、珍しい。監督も20年間変わらない。

 1997年以来プレーオフに毎年出場、優勝5回。これほどすごいのに、レイカーズやヤンキース、ペイトリオッツのような注目はされない。

 唯一「スキャンダル」めいたのは、2012年にTNTの人気解説者チャールズ・バークレーが番組でサンアントニオを茶化したとき。「サンアントニオの女性は体がでかい。チュロスばかり食べている。街を流れるサンアントニオ・リバーは本物の川じゃなくて小川だ」などと言って、爆笑を誘った。

街の中心部を流れるサンアントニオ・リバー。リバーウォークは都会のオアシスだ Photo © Mirei Sato

街の中心部を流れるサンアントニオ・リバー。リバーウォークは都会のオアシスだ
Photo © Mirei Sato

 これにサンアントニオのファンは総出で応戦。当時のフリアン・カストロ市長がビデオで挑戦状をたたきつけ、バークレーはサンアントニオを訪問。リバーボートに乗って観光し、「すばらしい街だ」と降参する羽目に。快進撃を続けるスパーズのサイドストーリーとして、しばしスポーツファンを楽しませた。

 滞在中、サンアントニオの女性に会うと、「あれは面白かったですねー」と私はつい言ってしまったのだが、そのたび真顔で憤慨された。「あなたたちにとっては面白かったでしょうけどね…」。あわてて「でも市長の反撃が小気味よかったじゃないですか」とフォローすると、途端に表情が晴れて「してやったり」と笑顔になるのだった。

 ここまでわかりやすいファンもあまりいない。小さな街だからだろうと決めつけていたが、実はサンアントニオはアメリカで7番目に人口が多い都市だと知ってびっくりした。微笑ましい雰囲気は、街のサイズではなく「人柄」によるものなのだ。「Down-to-earth」という英語がぴったりくる。

サンアントニオ・ダウンタウンで Photo © Mirei Sato

サンアントニオ・ダウンタウンで
Photo © Mirei Sato


 

1

2 3 4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る