聖光学院の中学3年生、シリコンバレーでビジネスプランを英語でプレゼン

3月24日、シリコンバレーの米Evernote本社にて私立聖光学院中学・高校(横浜市)の中学3年生がビジネスプランを英語でプレゼンテーションした。
今回の取り組みは伊藤園が主催するアイデア交流イベント「茶ッカソン」と聖光学院が提携し、Evernote・ニフティ・日本経済新聞社の協力のもと同校の生徒約20名が米Evernote本社(Redwood City, CA)に訪問し、オフィス見学の後にシリコンバレーで活躍する日本人をゲストメンターに招き、「日本を明るくするビジネスアイデア」を3チームに分かれて英語で発表した。
聖光学院としては、生徒たちに通常の授業では得難い経験を通して「世界に目を向けるきっかけとなって欲しい」(担当の佐藤貴明教諭)という狙いがあったが、今回のシリコンバレー研修での生徒達の目の輝きを見ると、その効果は十分にあったようだ。
伊藤園は茶ッカソンを「新しい価値の創造につながるもの」と捉え、日米で本イベントを通じて自社ブランドのPRに役立てる。

IMG_9261
(Evernote本社にて聖光学院一同、メンターおよび関係者一同、ゲスト参加の福島高専一同と)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  2.  2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3.  トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  4. これまで日本で130冊近くの自己啓発本を出版してきた本田健さんが、「お金と幸せ」をテーマにし...
  5.  ニナが通う高校の講堂で、「STEMと大学進学」をテーマにした保護者向けの講演会が開催された。STE...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る