「米国産」より低価格を優先
国内消費者、厳しい生活反映

flag-206886_640

 米国人の大部分は「Made in the USA」と表示された国産商品に割高な代金を払うより、外国製であっても安い商品を買う傾向が強いことが、AP通信とGfkによる世論調査で明らかになった。
 調査は3月末〜4月上旬、国内の成人1076人を対象に行われ、回答者の4分の3近くが「米国産の商品を買いたいが、値段が高すぎたり見つけにくかったりすることが多い」と答え、「米国製品しか買わない」という人はわずか9%にとどまった。「1つの小売店に素材とデザインが同じパンツがあり、外国製が50ドル、米国製が85ドルだったらどちらを選ぶか」という具体的な質問には、67%が「安い方」と答え、「米国製を買う」は30%だった。この傾向は低所得層も年収10万ドル超の高所得層も共通している。
 近年、米国人の所得は伸び悩んでおり、多くの世帯は米国製よりも値段が最も安い品を探す方を重視している。また、企業は大卒の労働者を好むため、かつて工場で働いていた高卒の労働者は製造業が中国などに生産拠点を移したことで窮地に立たされている。一方、国際企業で働く米国人の中には、自分は国際市場の一員だと広い視野で捉える人もいる。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る