熊本の被災者を支援、ドジャース前田投手が4月26日サイン会、ロバーツ監督らも

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato)

 大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャースが、大地震に見舞われた日本とエクアドルのために、チャリティーのサイン会を行う。4月26日(火)、本拠地ドジャースタジアムで行われる対マイアミ・マーリンズ戦の試合前に行う。

チャリティーのサイン会を企画した前田健太投手 Photo credit: Los Angeles Dodgers/Jon SooHoo

チャリティーのサイン会を企画した前田健太投手
Photo credit: Los Angeles Dodgers/Jon SooHoo

 サイン会に参加するのは、今シーズンに日本から加わった前田健太投手、沖縄生まれのデーブ・ロバーツ監督、ヤズマ二・グランダル捕手(キューバ出身)、ヤシエル・プイグ外野手(キューバ出身)らだ。さらに、エクアドルのキト出身で、ドジャースの試合中継をスペイン語で担当しているJaime Jarrín氏も、サイン会に加わる。

 前田投手は、大阪出身。球団によると、前田投手が、エクアドル生まれのJarrín氏と一緒に、母国を励ますため、このチャリティーを企画したという。

 サインをもらいたいファンは、サイン1枚につき、10ドル以上の寄付をする。サインは、1人につき2枚までもらえる。集まった寄付金はすべて、赤十字に送られ、4月に起きた熊本地震とエクアドル地震の被災者のために使われるという。また、ドジャース球団としても、集まった金額と同額を寄付することにしている。

■日時:4月26日(火)4:40pm車両入場開始、5:10pm開場、5:30〜6:30pmサイン会。早めの入場を。
■場所:ドジャースタジアムの左翼フィールドプラザ(left-field plaza)
*サイン会のみの入場はできない。マーリンズ戦の試合のチケットをもっていることが条件。
■詳細:www.dodgers.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る