加州でナッツの大量盗難頻発
15年の被害額900万ドル

orchard-1149536_640

 カリフォルニア州の農業地帯セントラルバレーで、ナッツ農家を狙った大量窃盗事件が急増している。アーモンド、ピスタチオなどの栽培農家がブローカーを通じて呼んだトラック業者に渡した大量の商品が、輸送の途中で消えてしまうのだ。
 ロサンゼルス・タイムズによると、同州テュレアリのホライゾン・ナットでは2015年11月、東海岸に商品を送るためトラックを呼んだ。運転手は書類を持っていたがややずさんだったので仲介業者に電話したところ、積み込んでも大丈夫だと言う。それを信じて4万5000ポンドのピスタチオを運転手に引き渡したが、数時間後にロサンゼルス/ロングビーチ地区の港でトレイラーから降ろされたのを最後に、代金45万ドルの荷物は行方不明となった。
 加州では昨年、同種の盗難が31件も発生し、被害総額は900万ドルに上った。ホライゾンの担当者は「私たちがドライバーに荷物を渡したんだから、強盗ではない。やや疑わしい運送会社による正式な受け渡しだった。これは詐欺だ。暴力もなく、何も残らなかった」と話す。
 貨物保険大手トラベラーズ(コネティカット州)によると、ナッツ泥棒の大半は監視の目を盗んでトレイラーに忍び込むようなことはせず、架空の会社を名乗ってまともなトラック業者に運送を依頼し、農場が使う倉庫とは別の場所に向かわせる手口が多い。ドライバーは荷物を降ろした時点で報酬を受け取るため、犯罪に加担している自覚がない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る