新装・トーランス「デルアモ」で満腹ブランチ、ドーナツ&ブラッディー・メアリー

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

ブランチの定番「メープル・ベーコン・ドーナツ」 Photo © Mirei Sato

ブランチの定番「メープル・ベーコン・ドーナツ」
Photo © Mirei Sato

 在米日本人が多く住む、ロサンゼルス近郊トーランス。その中心部にある、ショッピングモール「デルアモ・ファッション・センター」(Del Amo Fashion Center)が、大がかりな改装計画を進め、大変身を遂げつつある。

 すべての改装が終了すると、270万平方フィートのリテールスペースができ、アメリカ西部で最大、全米でもトップ5にはいる大きさのモールになる。

 トーランス近隣の住民にとって嬉しいのは、「食」のオプションがぐっと充実、かなりアップグレードされたことだ。

 以前は寂しげなフードコートで、ファストフードの中でも魅力の薄い店が集まっていた。改装によって、座って落ちついて食べられるレストラン、遠出しなくてもちょっとトレンディーな食事ができる場所が生まれた。

 そのひとつが、ブランチにおすすめのレストラン「グレート・メープル」(Great Maple)だ。

 ブランチにはずせない一品が、「メープル・ベーコン・ドーナツ」。店のシグニチャー・ディッシュと言えるほどの人気ぶり。

 テーブルに運ばれてきたとたん、ぷーんとフレッシュなドーナツの香りが立ちあがる。グレーズは、しっとりしていて、かつ、バタリー。すべてがとけあって、アメリカ人が好きな「スイート&セイボリー」な朝食になっている。ボリュームがあるドーナツが3個のって、10ドルだ。

 もうひとつのブランチの目玉は、6種類の「ブラッディー・メアリー」だ。単なるトマトジュース+ウォッカではなく、これまたトレンドの「トッピング重視」スタイル。盛り具合がいい。

 バーテンダーがすすめるのが、「One Armed Mary」。トッピングはなんと、タコの足。くるっと丸まってグラスのふちに引っかかっているその様が、片腕を回しているように見えるからつけたネーミングらしい。

タコとキュウリのブラッディー・メアリー、「One Armed Mary」 Photo © Mirei Sato

タコとキュウリのブラッディー・メアリー、「One Armed Mary」
Photo © Mirei Sato

 全米各地に、クレイジーなトッピングで話題のブラッディー・メアリーがあるけれど、タコを使うのはかなり珍しいと思う。

 自家製ブラッディー・ミックスに、ニュージーランドのプレミアム・ウォッカ。タコはグリルして、チリをきかせている。さらに、ポン酢と塩こしょうでしっかり漬けたキュウリも添える。スパイシーなキックと上品さが、同時に楽しめた。

 グレート・メープルは、サンディエゴとニューポートビーチにも店がある。入ると真ん中は、大理石のバーカウンター。パティオがあり、南カリフォルニアのビーチタウンらしいインテリアになっている。

 チェーン展開しているが、テーブルマットには「トーランス」の文字や地図がはいっている。こういった小さなところで、ローカル向けの気づかいを忘れていないのも、地元住民にとっては嬉しいだろう。

 同店シェフのウィングさんは、「トーランスの魅力に調和した店にしたい。ジャンルにとらわれず、旬の新鮮な食材を使ったメニューをいつも考えている」と話す。

「グレート・メープル」の店内 Photo © Mirei Sato

「グレート・メープル」の店内
Photo © Mirei Sato


 

1

2

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る