新装・トーランス「デルアモ」で満腹ブランチ、ドーナツ&ブラッディー・メアリー

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

南カリフォルニアのビーチタウンらしいモールをめざして大改装中 Courtesy of Del Amo Fashion Center

南カリフォルニアのビーチタウンらしいモールをめざして大改装中
Courtesy of Del Amo Fashion Center

 2007年に、現在のサイモン・グループ(SIMON)の傘下となったデルアモは、半屋外のスペースをいかして、当時まだ南カリフォルニアでは斬新なつくりの、おしゃれなモールとして人気が出た。

 しかし、近年、ショッピングモールの盛衰は激しい。消費者の好みの移り変わりについていくため、モール同士の競争も激しさを増す一方だ。より高級に、よりトレンディーに、よりおしゃれなデザインにと、改装があちらこちらで進んでいる。

 トーランスの隣、レドンドビーチにあるモール「サウスベイ・ギャラリア」(South Bay Galleria)は、デルアモの改装によって客を失った。それを取り戻すため、最近、改装を発表した。

 ビバリーヒルズの一等地にある老舗モール「ビバリー・センター」(Beverly Center)も、「時代遅れ感」を隠しきれず、つい最近、大規模改装を決めた。

 消費者は、モールに対して、「買い物する場所」にとどまらない、プラスアルファの魅力を求めている。グルメ・レストランだったり、青空ヨガのクラスだったり、スパやサロンだったり。

 デルアモの広報担当者は、「今までサウスコースト・プラザやビバリーヒルズのモールまで買い物に行っていた人たちを呼び込みたい。地元で買い物や食事が済むようにしたい」と話す。高級百貨店のノードストロームが新しく加わったのも、イメージチェンジに大きく貢献した。

 「食」では、グレート・メープルのほか、ハッピーアワーが人気の「フリーダ」、オーストラリアからアメリカ初上陸の「スモウ・サラダ」などがオープンした。今後、小籠包の「鼎泰豊」(Din Tai Fung)、ロサンゼルス・ブランドの「レモネード」、「ピンクス・ホットドッグ」もできる予定。
 

Del Amo Fashion Center
3525 W Carson Street, Torrance, CA
www.simon.com/mall/del-amo-fashion-center


Great Maple
21434 Hawthorne Blvd., Torrance, CA
http://thegreatmaple.com/

毎朝つくるフレッシュなドーナツ_ Photo © Mirei Sato

毎朝つくるフレッシュなドーナツ_
Photo © Mirei Sato


タコとキュウリの「One Armed Mary」 Photo © Mirei Sato

タコとキュウリの「One Armed Mary」
Photo © Mirei Sato


「グレート・メープル」の店内 Photo © Mirei Sato

「グレート・メープル」の店内
Photo © Mirei Sato

1

2

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る