シリーズアメリカ再発見㊹
FIESTA! サンアントニオ

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

boat parade 1-2

フィエスタの「Texas Cavaliers River Parade」で、サンアントニオ・リバーをボートでパレードする人たち Photo © Mirei Sato

フィエスタの「Texas Cavaliers River Parade」で、サンアントニオ・リバーをボートでパレードする人たち
Photo © Mirei Sato

 

 「フィエスタ」(Fiesta)は、毎年4月下旬に行われる。サンアントニオ最大のフェスティバルで、125年の歴史がある。約10日間にわたって100以上のイベントが開かれる。サンアントニオ・リバーをボートでゆく「Texas Cavaliers River Parade」や、花をあしらった豪華な山車が登場する「Battle of Flowers Parade」が有名だ。

 夜通し飲んで食べて踊りまくる「A Night in Old San Antonio」(*頭文字をとってNIOSA=ニオーサと呼ぶ)も盛り上がる。串刺しフライドチキン、タマネギ丸ごと花びら揚げ、巨大チュロスといった、ジャンクで美味しい屋台フードが街にあふれる。

ニオーサの会場の飾りつけ。フィエスタは、サンアントニオの文化と歴史を祝う大事なお祭りだ Photo © Mirei Sato

ニオーサの会場の飾りつけ。フィエスタは、サンアントニオの文化と歴史を祝う大事なお祭りだ
Photo © Mirei Sato

 フィエスタのシンボルは「花」と「卵」だ。女性は、職場や学校へ花柄模様の服ででかけ、頭や首を花輪で飾る。クレープ紙をクシャクシャに折ってつくる花飾りも目につく。

 カラフルな卵「カスカローネス」を、友達や家族の頭に軽くぶつけあって割るのが、ならわしだ。中からコンフェッティ(紙吹雪)が飛び出して、これが「グッドラックのしるし」になる。「夜中に家に帰って、カスカローネスの紙吹雪が体じゅうの変なところにまでついていなかったら、フィエスタを十分に楽しまなかった証拠」。そんなジョークもある。

 カスカローネスは、マルコ・ポーロが中国で見つけて持ち帰り、スペイン経由でメキシコへ伝わってヒスパニックの文化になったといわれている。アメリカではテキサスの南部で受け継がれている。

 サンアントニオには、カスカローネスの伝統を守る女性たちの会がある。週に1回集まって、年間で5万個、ニオーサだけで3万5000個のカスカローネスをつくる。ペンで卵の殻に絵や模様を描き、紙吹雪を中に詰めて、のりづけして封をする。すべてが繊細な手作業だ。

上:フィエスタに欠かせない「カスカローネス」は、すべて手づくりだ Photo © Mirei Sato

上:フィエスタに欠かせない「カスカローネス」は、すべて手づくりだ
Photo © Mirei Sato

 28年続けているというベテランのローザさんは、「テキサスの歴史、それはつまりヒスパニックの歴史ですが、それを守り子供たちに伝えていくことが大事だと思っているんです」と話してくれた。

 つくった卵は、夜のニオーサのフェスティバル会場でも販売する。ローザさんは、美味しいと評判のタマーレの屋台も仕切っていて大忙しだった。

カスカローネスの伝統を守るローザさん。肩にかけたフィエスタのピンバッジのコレクションは、10パウンドはする重さ Photo © Mirei Sato

カスカローネスの伝統を守るローザさん。
肩にかけたフィエスタのピンバッジのコレクションは、10パウンドはする重さ
Photo © Mirei Sato


 

1

2

3 4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る