アメリカで話題沸騰
日本発のお菓子・デザート

Koala’s March,サクサクのビスケットと チョコレートの好相性,Lotte USA
 コアラのイラストが描かれたビスケットをかじると中からチョコレートクリームが出てくる、スナック菓子の「コアラのマーチ」。1984年に日本で発売以降、アジア圏内で認知度を高めてきた。アメリカ市場には1990年代に上陸し、現在までに日本、韓国、中国系を含むアジア系消費者を中心に人気を集めている。今後の課題はメインストリームへの本格参入と語るのは、Lotte USAのセールスマネージャー、神山祐治さん。

「ビスケットをサクサクのまま小さく膨らませて、そこにチョコレートを入れる技術は非常に高度なものと考えています。美味しさとその形状の可愛らしさにプラスして、今後、アピールしていこうと計画しているのが、コアラのマーチは親子間や子ども同士のコミュニケーションに役立つツールにもなる、という点です」

 近年はスマホやゲームの普及も背景となって、実際の人間同士のコミュニケーションの会話が希薄だ。聞けば、アメリカのコアラのマーチには実に200以上の異なるイラストが存在するという。そこで、それぞれ、どんなコアラが何をしているのか、ビスケット上のイラストを見ながら会話のきっかけにしてほしいと神山さんは語る。

味についてはアメリカでどのように受け止められているのだろうか?

「ここに来て、日本食ブームが追い風となって、繊細な味、甘さのチョコレート菓子の素晴らしさにもアメリカ人消費者に気づいていただけるようになってきました。一度食べていただければ、その良さは分かってもらえるのでは、と思っています」。そこで、スーパーの店頭でコアラのキャラクターの着ぐるみと一緒に試食を勧めるキャンペーンを最近始めた。

「夢は全米の方から『コアラのマーチを知っている』と言っていただけるようになることです」と神山さんは抱負を語った。

 

 

1 2 3 4

5

6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  2. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  3. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
  4. イリノイ州の南西、ミシシッピ川のすぐそばに位置するカホキア・マウンド州立史跡は、北アメリカ最...
  5. 2021年8月5日

    第81回 街に出ようよ
    1年半のコロナ禍を経て、ようやく以前の人間らしい生活が再開した。この時を待ち望んでいた。屋外...
  6. 老化を引き起こす3つの要因 老化を加速させる3つのキーワードは、“酸化” “糖化” “炎症”。夏は...
  7. 「日本酒の未来をつくる」をビジョンに掲げて2013年に設立された、日本酒事業を行うスタートア...
  8. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
ページ上部へ戻る