日本産の柿、米国へ輸出解禁
〜和歌山県の富有柿を初出荷〜

2017年10月、病害虫の防除や農園の事前登録などの条件を満たし、日本産の生柿はアメリカへの輸出が解禁となった。これを受け、和歌山県はいち早く米国への出荷を決定し、国内からの初輸出へと踏み切った。

和歌山県内では、JA紀北かわかみ管内2カ所とJA紀の里管内1カ所の合わせて3カ所の柿畑が、アメリカの厳しい検疫条件をクリアしている。12月18日(月)には、JA紀北かわかみが管理する九度山町内の畑で11月20日に収穫された柿108ケース、およそ800キロがアメリカに向けて出荷された。

今回出荷された柿は和歌山県の代表的な甘柿ブランド「富有(ふゆう)柿」だ。出荷日当日は、九度山町にあるJA紀北かわかみの選果場で出発式を開催。フォークリフトで柿を詰めた約100ケースの箱がトラックに積み込まれ、県やJAの関係者など約70人が見送った。

JA紀北かわかみの宮崎卓郎代表理事組合長は、「全国のトップを切ってアメリカという大きな市場に進出でき、大変嬉しく思う。カリフォルニア州に住むおよそ500万人のアジア系アメリカ人を開拓したい。また今後は刀根早生(とねわせ)柿の輸出に向けても、規模を拡大していきたい」と意欲を示した。

今回出荷された柿は一旦東京へと運ばれ、同月23日(土)の船便で約2週間かけてアメリカへと輸送される。2018年1月初旬にロサンゼルスの港に到着し、同月13日(土)からカリフォルニア州の日系スーパーMitsuwa、Marukai、Nijiyaで販売される。また、飲食店3〜5店では柿を使ったメニューを提供することも決定しているという。

出発式の様子

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る