日本産の柿、米国へ輸出解禁
〜和歌山県の富有柿を初出荷〜

2017年10月、病害虫の防除や農園の事前登録などの条件を満たし、日本産の生柿はアメリカへの輸出が解禁となった。これを受け、和歌山県はいち早く米国への出荷を決定し、国内からの初輸出へと踏み切った。

和歌山県内では、JA紀北かわかみ管内2カ所とJA紀の里管内1カ所の合わせて3カ所の柿畑が、アメリカの厳しい検疫条件をクリアしている。12月18日(月)には、JA紀北かわかみが管理する九度山町内の畑で11月20日に収穫された柿108ケース、およそ800キロがアメリカに向けて出荷された。

今回出荷された柿は和歌山県の代表的な甘柿ブランド「富有(ふゆう)柿」だ。出荷日当日は、九度山町にあるJA紀北かわかみの選果場で出発式を開催。フォークリフトで柿を詰めた約100ケースの箱がトラックに積み込まれ、県やJAの関係者など約70人が見送った。

JA紀北かわかみの宮崎卓郎代表理事組合長は、「全国のトップを切ってアメリカという大きな市場に進出でき、大変嬉しく思う。カリフォルニア州に住むおよそ500万人のアジア系アメリカ人を開拓したい。また今後は刀根早生(とねわせ)柿の輸出に向けても、規模を拡大していきたい」と意欲を示した。

今回出荷された柿は一旦東京へと運ばれ、同月23日(土)の船便で約2週間かけてアメリカへと輸送される。2018年1月初旬にロサンゼルスの港に到着し、同月13日(土)からカリフォルニア州の日系スーパーMitsuwa、Marukai、Nijiyaで販売される。また、飲食店3〜5店では柿を使ったメニューを提供することも決定しているという。

出発式の様子

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る