大人のたしなみ
日本酒のススメ

タイプ別にたしなむ
日本酒の選び方

日本酒は、香りや味わいで大きく4タイプに分けることができる。それぞれのタイプ別に適した温度帯や酒器、マッチする料理があるので、これを参考に日本酒を選ぶといいだろう。ただし、これはあくまで一般的な傾向であり、すべての日本酒がこの分類通りに当てはまるわけではない。

基本的に、ライトなお酒にはライトな食べ物、ボディのあるお酒には味の濃い食べ物を合わせるといい。日本酒に苦手意識を持っている人やビギナーにおすすめなのは、クセがなくすっきりとした味わいの薫酒タイプと爽酒タイプ。

自分の好みを知るには、まずは好きなブランドを一つ見つけることだ。そのお酒のタイプを判断基準にすると、お店でのお酒選びがしやすくなる。あまり頭で考えすぎず、まずは日本酒を楽しむことからスタートしよう。

 

 

 

 ①菊正宗
生酛 純米大吟醸

辛口・淡麗
フルーティな香りに優しい口当たり、奥行きのある味わい。

 

 

②八重垣

やや辛口・淡麗
フルーティな香りと爽やかな味わい、バランスの取れた旨口。

 

 

③大七
箕輪門

やや辛口
すっきりした飲み口ながら旨みがあり、上品な香りが特徴。

 

 

④菊水
純米吟醸

辛口・淡麗
キレが良く、ややバナナのような香りで口当たりスムーズ。

 

 

⑤一本義
伝心 雪

やや甘口
やや甘めだが、すっきりとした飲み口と爽やかな香り。

 

 

⑥剣菱
黒松

やや辛口
やや辛口でしっかりとした味わいとさっぱりとした後味。

 

 

⑦菊水
ふなぐち一番しぼり

甘口・淡麗
本醸造生原酒。フルーティな口当たりと、ほとばしるうまさ。

 

 

⑧菊正宗
生酛 純米

辛口・やや淡麗
伝統的な生酛造り特有のキレとコク、そして旨みがある。

 

 

⑨八重垣
黒瓶

やや辛口・芳醇
日本酒本来のふくよかな香りとキレの良い味わいが特徴。

 

 

⑩八重垣
生貯蔵酒

生貯蔵酒
やや甘口・やや芳醇

ほんのりとした甘みと生貯蔵酒らしいフレッシュな味わい。

 

⑪菊正宗
ドライ酒カップ

普通酒
辛口・やや淡麗

すっきりと調和の取れた辛口で、口当たりがスムーズ。

 

⑫菊水
PERFECT SNOW

にごり酒
甘口・芳醇

濃厚な甘みがあり、口当たりなめらか。

 

特徴
果物や花のような華やかな香りがあり、軽快で爽やかな味わい。甘口から辛口まで幅広いタイプがある。
温度帯
8〜15℃。冷やすことによって爽快さが映える。冷やしすぎると持ち味が消えるので注意。
酒器
香りを楽しめるように、上に広がったラッパ状やワイングラスなどの形状がおすすめ。
料理
香りを邪魔しないように、淡白な素材を生かした爽やかな風味づけの料理が好相性。食前酒にも向いている。

白身魚の刺身、山菜のおひたし、ボイルタラバガニ、マグロのカルパッチョ



特徴
香りは控えめだが、新鮮で清涼感のあるなめらかでみずみずしい味わい。淡麗辛口テイストで万人受けタイプ。
温度帯
5〜10℃。しっかり冷やすことで、フレッシュな味わいが生きる。冷やしすぎてもOK。
酒器
ライトでシンプルな味なので、飲みきりサイズの小さな酒器がベスト。
料理
軽いタイプがよく合うが、こってりしたものにも合うマルチタイプ。

冷奴、ホタテ貝のイタリア風刺身、生しらすポン酢、アユの塩焼き


特徴
原料の米を思わせるふくよかな香りと旨み、コクのある味わい。日本酒の原点となる伝統的なタイプ。
温度帯
15〜18・40〜55℃。広い温度帯に対応し、さまざまな変化を見せる。旨みが膨らむ高めの温度がおすすめ。
酒器
米の風味をじっくり味わうために、片口や焼き物などの和テイストの酒器が好ましい。
料理
しっかりとした味付けの料理や酒の肴、バターやクリームを使った洋食などと好相性。

キンキの煮付け、豚肉と大根の煮物、酒盗、ポトフ



特徴
ドライフルーツのような熟成香があり、とろりとした甘みや深い酸味、旨みのある力強い味わい。ややクセがある。
温度帯
15〜25℃または35℃前後。軽快なものは低め、重厚で旨みのあるものは高めの温度設定で。
酒器
酒の美しい色調を生かして、透明のグラスやカットの入ったグラス、中が金塗りの漆器などがgood。
料理
濃い甘みの味付けをしたものや脂の多いものなど、凝縮感、熟成感のあるものと合う。

うなぎの蒲焼き、スパイシーカレー、ハードタイプのチーズ、麻婆豆腐、フォアグラ

1 2

3

4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る