〔インド〕愛三工業、西部にBS6対応の新工場を開所

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

テープカットを行う愛三工業の野村得之社長(左から3人目)。開所式にはインド電子産業協会(ELCINA)の代表など約70人が参加した(愛三工業提供)

愛三工業(愛知県大府市)は8日、インドの生産子会社、愛三フィエム・オートモーティブズ・インディア(AFI)が西部ラジャスタン州に設置した新工場の生産開始を記念して、開所式を行ったと発表した。来年4月から導入される排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」に対応した二輪車・三輪車向けの燃料噴射(FI)装置を生産する。

新工場は、AFIがインドに保有する2カ所目の生産拠点で、開所式は10月18日に実施した。投資額は土地と建設費用を合わせて約3億円で、敷地面積は約1万5000平方メートル。第1工場は南部アンドラプラデシュ州にあり、年産能力は2工場合わせて約400万台。愛三工業の野村得之社長は声明で、「高い性能と品質を有する当社のFI装置で、インドの環境改善に貢献していきたい」と意気込みを語った。既にインドネシアでは、年間約300万台のFI装置の販売実績があるという。

AFIは、地場の二輪車部品メーカーFIEMインダストリーズ(フィエム)と豊田通商の現地法人である豊田通商インディアの合弁企業で、首都ニューデリーに拠点を置く。資本金は10億ルピー(約15億円)で、出資比率はそれぞれ愛三工業が69%、フィエムが26%、豊田通商インディアが5%。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る