〔タイ〕19年のメーカー別車輸出、10社中9社が減少

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

タイの盤谷日本人商工会議所(JCC)自動車部会が27日に発表した、2019年のメーカー別の自動車輸出台数は、10社中9社が前年比で減少した。主要市場のアジアとオセアニア向けなどが落ち込み、日系メーカーは全7社が前年を下回った。

輸出台数をメーカー別に見ると、三菱自動車が前年比1.0%減の28万4502台で最も多かった。主要な仕向け先のアジア、北米、オセアニアが落ち込んだが、最大市場の欧州が2桁伸びた。2位のトヨタ自動車は9.9%減の26万4775台で、前年の1位から後退した。アジアと中東向けが2桁伸びた一方、ほかの地域は全て2桁減少した。唯一プラスだったのは、ドイツのBMWで3.4倍の1万4586台だった。BMWの仕向け地はアジアだけとなっている。

10社の完成車(CBU)輸出額の合計は、8.2%減の5459億7000万バーツ(約1兆9330億円)だった。部品を輸出している日野自動車を加えた11社の完成車と部品などを含めた総額は、11.0%減の7916億4000万バーツ。

12月のメーカー別輸出台数は、BMWを除く9社が前年同月比で減少。三菱自が前年同月比26.1%減ながらも2万2040台でトップ。トヨタが6.3%減の1万9420台、米フォード・モーターが17.3%減の8359台で続いた。

日系バイク輸出、上位2社がプラス

日系バイクメーカー4社のCBU輸出台数は、前年比3.8%増の34万9570台だった。ホンダが1.2%増の22万8097台、カワサキが18.3%増の10万6832台となり、上位2社がプラスだった。一方、ヤマハとスズキは2桁減少した。車両や部品などを含めた4社の輸出総額は、11.6%増の653億9000万バーツだった。

12月のCBU輸出台数は、前年同月比2.9%増の3万5945台。カワサキが39.2%増の1万4105台となり、全体を押し上げた。ただ、金額ベースでは44.1%減の6億4000万バーツだった。車両や部品などを含めた4社の輸出総額は5.7%減の58億8000万バーツとなった。

※関連記事:タイの仕向け地別の車輸出台数(19年12月)

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  2. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  3. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  4. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  5. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  6. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  7. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  8. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
ページ上部へ戻る