6月19日がアメリカの祝日に追加

2021年6月17日にバイデン大統領が奴隷解放記念日「ジューンティーンス(Juneteenth)」の日を祝日とする法案に署名したため、新たに11番目の連邦の祝日(Federal Holiday)になった。ジューンティーンスを連邦祝日とする法案は15、16両日に上下両院を通過していた。2021年6月19日は土曜日だったために、急遽先日の18日(金)を振替休日にする州もあった。

1863年にエイブラハム・リンカーン米大統領が奴隷解放宣言したのに従い、1865年6月19日に北軍のゴードン・グレンジャー少将がテキサス州ガルベストンで奴隷制の廃止を宣言したことを記念するもの。

ジューンティーンスの日は独立記念日と同じように各地で祝われ、パレードやお祭りといったイベントが開催される。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る