ニューヨークでゴスペル祭「Don’t Give Upクワイヤー」「やまと舞」初共演、5月7日

 恒例のアメリカ東部最大級のゴスペル祭「マクドナルド・ゴスペル・フェスト」が、5月7日にニューヨークで開催される。

McDonald's Gospel Fest 2016 公式フライヤー

McDonald’s Gospel Fest 2016 公式フライヤー

 毎年、ゴスペルやソウルの大物アーティストが出演し、約2万人の観客が集まる。今年は、ヨランダ・アダムス、ドニー・マクラーキン、ヘゼカイア・ウォーカー、シャーリー・シーザー、タメラ・マン、ジェニファー・ホリデーなどの出演が決まっている。

 また、コンテスト部門では、毎年3万人から選ばれたファイナリストが、歌・ダンス・ポエム・コメディー部門などに分かれて競う。日本人も参加している。今年は、ソロ部門に、服部幸平、松下絵美、グループ部門に「おにぎりシスターズ」としてTia、Ailha、大山実音が出場する。

Don’t Give Upクワイヤー(提供:Gospel Now)

Don’t Give Upクワイヤー(提供:Gospel Now)

 さらに、ニューヨーク在住の音楽プロデューサー打木希瑶子が、東日本大震災の後に義援金を集めるために結成した「Don’t Give Upクワイヤー」も出演する。「やまと舞」の舞主である「やまとふみこ」と、その弟子の「やまとかな」「やまとじゅんこ」が渡米し、共演する。雅楽とゴスペルのコラボレーションが楽しめる。

 翌8日には、ハーレムの「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー教会」(120丁目@マディソン・アベニュー)の礼拝に、クワイヤーとやまと舞が出演する。入場無料。礼拝開始は11:30am。混雑が予想されるので、早めに入場を。

■チケット:http://www.prucenter.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る