ニューヨークでゴスペル祭「Don’t Give Upクワイヤー」「やまと舞」初共演、5月7日

 恒例のアメリカ東部最大級のゴスペル祭「マクドナルド・ゴスペル・フェスト」が、5月7日にニューヨークで開催される。

McDonald's Gospel Fest 2016 公式フライヤー

McDonald’s Gospel Fest 2016 公式フライヤー

 毎年、ゴスペルやソウルの大物アーティストが出演し、約2万人の観客が集まる。今年は、ヨランダ・アダムス、ドニー・マクラーキン、ヘゼカイア・ウォーカー、シャーリー・シーザー、タメラ・マン、ジェニファー・ホリデーなどの出演が決まっている。

 また、コンテスト部門では、毎年3万人から選ばれたファイナリストが、歌・ダンス・ポエム・コメディー部門などに分かれて競う。日本人も参加している。今年は、ソロ部門に、服部幸平、松下絵美、グループ部門に「おにぎりシスターズ」としてTia、Ailha、大山実音が出場する。

Don’t Give Upクワイヤー(提供:Gospel Now)

Don’t Give Upクワイヤー(提供:Gospel Now)

 さらに、ニューヨーク在住の音楽プロデューサー打木希瑶子が、東日本大震災の後に義援金を集めるために結成した「Don’t Give Upクワイヤー」も出演する。「やまと舞」の舞主である「やまとふみこ」と、その弟子の「やまとかな」「やまとじゅんこ」が渡米し、共演する。雅楽とゴスペルのコラボレーションが楽しめる。

 翌8日には、ハーレムの「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー教会」(120丁目@マディソン・アベニュー)の礼拝に、クワイヤーとやまと舞が出演する。入場無料。礼拝開始は11:30am。混雑が予想されるので、早めに入場を。

■チケット:http://www.prucenter.com

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る