ニューヨークでゴスペル祭「Don’t Give Upクワイヤー」「やまと舞」初共演、5月7日

 恒例のアメリカ東部最大級のゴスペル祭「マクドナルド・ゴスペル・フェスト」が、5月7日にニューヨークで開催される。

McDonald's Gospel Fest 2016 公式フライヤー

McDonald’s Gospel Fest 2016 公式フライヤー

 毎年、ゴスペルやソウルの大物アーティストが出演し、約2万人の観客が集まる。今年は、ヨランダ・アダムス、ドニー・マクラーキン、ヘゼカイア・ウォーカー、シャーリー・シーザー、タメラ・マン、ジェニファー・ホリデーなどの出演が決まっている。

 また、コンテスト部門では、毎年3万人から選ばれたファイナリストが、歌・ダンス・ポエム・コメディー部門などに分かれて競う。日本人も参加している。今年は、ソロ部門に、服部幸平、松下絵美、グループ部門に「おにぎりシスターズ」としてTia、Ailha、大山実音が出場する。

Don’t Give Upクワイヤー(提供:Gospel Now)

Don’t Give Upクワイヤー(提供:Gospel Now)

 さらに、ニューヨーク在住の音楽プロデューサー打木希瑶子が、東日本大震災の後に義援金を集めるために結成した「Don’t Give Upクワイヤー」も出演する。「やまと舞」の舞主である「やまとふみこ」と、その弟子の「やまとかな」「やまとじゅんこ」が渡米し、共演する。雅楽とゴスペルのコラボレーションが楽しめる。

 翌8日には、ハーレムの「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー教会」(120丁目@マディソン・アベニュー)の礼拝に、クワイヤーとやまと舞が出演する。入場無料。礼拝開始は11:30am。混雑が予想されるので、早めに入場を。

■チケット:http://www.prucenter.com

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  2. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  3. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  4. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  5. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  6. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  7. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  8. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
ページ上部へ戻る