10月10〜17日、NYで第3回「海の日芸術祭ニューヨーク展」を開催

清水信子「Flying」

ニューヨークの日本ギャラリーでは、公募で選ばれた海を愛する芸術家34人による第3回「海の日芸術祭ニューヨーク展」が10月10日から開催される。

本展覧会を主催する社団法人海の日芸術祭の代表、江湖佳恵氏は、「東日本大震災では津波による大きな被害を受けましたが、人類が生きて行くのに欠かせない海を愛し、海に敬意を表し、海との共生を求める芸術家たちが、自己の芸術作品を通じて海外の人との交流を深め、また、海外の芸術家たちとの相互理解が図れれば」と、3回目のニューヨーク展に向けた抱負を語っている。

本展では、34名のアーティストによる平面作品32点と立体作品2点を展示。出品作品には、東日本大震災前の福島の豊かな海への感謝と津波の犠牲者に対する鎮魂の思いがこめられている。

「本展を通じて、改めて日本の現代美術を世界に発信できればと思います。海の日芸術祭から、世界で活躍できる新たな芸術家が誕生することを願っています」と、江湖氏は話している。

左:ムラカズユキ「ダンサー」 右:岡本順子「大地の力」

第3回海の日芸術祭ニューヨーク展
—震災を超えて 福島から世界へー

■会期:2019年10月10日(木)~17日(木) ※13・14日は休館
■場所:日本ギャラリー(145 West 57th street, New York, NY 10019、日本クラブ内)
■入場料:無料
■問い合わせ:Tel 212-581-2223 E-mail info@nipponclub.org
■詳細:www.nipponclub.org

なまためみちお「鳥の歌」

 

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...
  2. 2019-2-4

    米国大手会計士事務所・所得税担当者監修 個人所得税申告書の作成ガイド2018

    本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  3. 2019-6-3

    こんな時どうする? アメリカ生活お役立ちBook〈法律編〉

    本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な場合...
  4. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  5. 2017-11-7

    第62回 STEM専攻と大学合否の決め手

     ニナが通う高校の講堂で、「STEMと大学進学」をテーマにした保護者向けの講演会が開催された。STE...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る