日本クラブ スペシャルウェビナー「桐谷さえり氏によるニューヨーク近代美術館 MoMA名作案内」開催

親しみやすい作品解説で人気の現代美術家・桐谷さえり氏が「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」に所蔵されている芸術作品を案内するスペシャルウェビナーが、日本クラブで開催される。

マンハッタンのミッドタウンにあるMoMAは、アビー・アルドリッチ・ロックフェラー夫人が中心となり3人の女性によって発案された美術館で、1929年に開館した。モダンアートの殿堂として19世紀以降の絵画や彫刻を中心に写真やデザインなども幅広く展示されている。第二次世界大戦後、ニューヨークはパリに変わってアートの中心地になったこともあり、近代アートの歴史に重要な役割を果たしている。世界的にもとても影響力のある前衛美術館としても有名だ。

今まで数回増改築されているMoMAの建物は、2004年の増改築時に日本人建築家の谷口吉生氏の設計が選ばれた。その後、2014年には建築、視覚芸術、舞台芸術を統合したアメリカの学際的なデザインスタジオである「ディラー・スコフィディオ+レンフロ」によるデザインでさらなる増改築がスタートし、5年をかけて昨年2019年10月に再オープンした。

MoMAはゴッホ、ピカソ、モネ、マティス、セザンヌなどの著名な作家の代表作を多数所蔵している。この増改築により展示スペースが30%増え、より多くの多種多様なアーティストの作品が展示されるようになった。また、アートだけではなく建築、インテリア、写真などの分野も混在し、近代アートとの繋がりをより深く理解できるようなバラエティのある作品を鑑賞することができる。

本ウェビナーでは、MoMAの最新の見どころと有名作品を、桐谷さえり氏がエクストリームに案内する。なお、ウェビナーは日本語で進行されるが、WordlyのリアルタイムAI翻訳により英語字幕での観賞も可能。

桐谷さえり氏によるニューヨーク近代美術館 MoMA名作案内
■開催日時:2020年12月10日(木)7:00-8:00pm
■定員:先着500名まで
■参加費:無料(任意で医療従事者への弁当プロジェクトへ寄付)
■申し込み:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_XpFRKYSXSuCkGY2eLewVSQ
■問い合わせ:事務局の本多(yhonda@nipponclub.org)まで

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る