日本クラブ「復活:至高なる伝統工芸の技ー江戸から現代まで」展を開催

津田信夫 青銅の孔雀の置物 (明治〜昭和)

ニューヨークで開催されるアジアウィークと同時期に、2年の歳月を経て、日本クラブ7階の日本ギャラリーにオリエンテーションズ・ギャラリーとオリエンタル・トレジャー・ボックス・ギャラリーが戻ってくる。今年は両ギャラリーによる10回目の記念すべきコラボ展となる。

同展では七宝、金工、陶磁、漆芸、絵画、竹木工、彫刻、染織の各分野で活躍する著名な作家による質の高い作品が展示される。帝室技芸員や人間国宝による技巧を凝らした珠玉の近現代工芸品が幅広く紹介される予定。

タイトルの「復活」には、日本美術の伝統と革新の要素が織り込まれた作品が含まれる。明治期の尾張七宝界の巨匠である服部唯三郎による盛り上げ技法で作られた稀少な名品である七宝花瓶や、「J .Ando」の名で日本の七宝を世界に広めた安藤重兵衛による無線エナメル技法で菖蒲を描いたペアの七宝花瓶を展示。また、縁起の良い孔雀の羽をイメージした佐賀の鍋島氏の家紋(月)入りの漆器や、日本のアールデコ期に活躍した秀峰による梅のデザインの漆箱は必見だ。さらに、明治から昭和初期にかけての彫金家である津田信夫作の青銅の孔雀の置物や、加藤秋景による常滑焼の花瓶など、見どころ満載の内容となっている。

この2年間を経て、平穏な日々を取り戻しつつある今、近現代工芸家たちの卓越した技により制作された美しい作品群は人々の心を高揚させ、感動を届ける。飛び交う小鳥、咲き乱れる花々など鮮やかな風景が作品のテーマであり、香道や茶道などの儀式に関連した作品も展示される。

限られたスペースで至高なる近現代工芸家の技から生み出された「日本の美」を鑑賞してもらうため、オリエンテーションギャラリーとオリエンタル・トレジャーボックスの膨大なコレクションの中から最高峰の美術工芸品を選定。本展を通じ、ニュ-ヨークをはじめアメリカ全土および世界中から集まる多くの人々と、美術品鑑賞の喜びを分かち合おう。

佐賀鍋島氏家紋入り漆器湯桶 (江戸時代初期)

 

「復活:至高なる伝統工芸の技ー江戸から現代まで」展
■会期:2022年3月18日(金)〜25日(金)10:00am-6:00pm (土曜–5:00pm 、日曜休)
■場所:日本ギャラリー (日本クラブ 7階、145 West 57th Street, 7th Floor, New York, NY 10019)
■入場料:無料
■詳細:www.nipponclub.org
■問い合わせ:gallery@nipponclub.org

加藤秋景 常滑焼花瓶

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  2. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  3. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  4. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  5. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  6. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  7. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  8. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
ページ上部へ戻る