日本クラブ 4〜6月にWebギャラリー企画展「日本から世界へおくる灯り」を開催

すずも提灯 「団子」

昨年7月23日の東京オリンピック開会式で、やぐらに組まれたたくさんの提灯が紹介された。日本クラブWebギャラリーでは10回目の特別企画として、日本の文化を代表する伝統工芸品の一つである提灯が取り上げられる。

江戸御三家のお膝元・水戸藩は経済を支える産業の一つとして、当時、必需品であった提灯の製造を奨励した。以来、水戸は岐阜、福岡県八女市と並ぶ提灯の日本三大産地の一つとなった。水戸藩で作られた水府提灯は、骨格となる竹ひごを一本ずつ輪にして糸で結う一本掛けという工法で作られ、頑丈なことで知られている。現在も工法を変えずに和紙を張った奉納提灯・祭り提灯・看板提灯などが作られています。

本展では水府提灯が取り上げられ、日常生活を送るうえで欠かすことのできない灯りの器具として使用されてきた提灯の歴史と製造工程を紹介する。茨城県には提灯作りに欠かせない丈夫で良質な和紙(西ノ内和紙)の産地があり、その他の材料も供給できる水源や自然に囲まれた地域特性がある。

150年続く老舗「鈴木茂兵衛商店」7代目当主の鈴木隆太郎氏は、時代に翻弄されながらも伝統工芸品としての提灯作りを維持してきた。一方で、作品がMoMAニューヨーク近代美術館に永久保存されている現代アーティスト兼グラフィックデザイナーのミック・イタヤ氏の閃きや、若手による先端技術を取り入れることにより、提灯の特製を最大に活かしながら現代の機能性が加わった照明器具の「すずも提灯」を誕生させた。

本展では代々引き継がれてきた「水府提灯」と、それがまるで蛹が蝶となったように世界中に羽ばたき出した「すずも提灯」にスポットを当てて紹介する。

家紋描き

日本クラブWEBギャラリー企画展
「日本から世界へおくる灯り」展
-地域で育まれた水府提灯の伝統と革新-
■会期:2022年4月22日(金)〜6月2日(木)
■場所:日本クラブWEBギャラリー
■詳細:https://nippongallery.nipponclub.org/
■問い合わせ:gallery@nipponclub.org

バーチャル・オープニング・レセプション
日本国内での提灯の歴史と使われ方、水府提灯からすずも提灯に至るまでの時代背景とそれらの製造工程を、鈴木絋太氏の制作ビデオにより紹介。さらに鈴木隆太郎氏とミック・イタヤ氏が生出演し、革新的に進化を遂げた「すずも提灯」について対談形式で話をする。灯りとしての提灯が一方で暗闇の中において魔を斬るといった幻想的な意味合いを含むことから、それに通じるイリュージョニスト・マジシャンであるメイガス氏を迎え、エンターテイメント企画としてマジックを披露する。

■日時:2022年4月22日(金)7:00-8:00pm
■申し込み:www.nipponclub.org
■参加費:無料(任意で「フロントラインワーカーたちへのお弁当プログラム」へ寄付)
■問い合わせ:gallery@nipponclub.org

 

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  2. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  3. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  4. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  5. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  6. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  7. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  8. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
ページ上部へ戻る